読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

それは育つとなにになる

コンピュータ上で人間のように成長する仮想赤ちゃん「BabyX」が作られる!!学習機能で人間の脳の秘密明らかに!? | コモンポスト

とうとう人類は、コンピュータ内に人間を作り出してしまいました。

オークランド大学の研究者らは、コンピュータ上で人間のように成長する仮想赤ちゃん「BabyX」を開発しました。この人工知能を持つ仮想赤ちゃんは、ホンモノの人間のように学習し、話したり笑ったりすることもできます。


動画貼り付けが簡単になったのはいいけどサイズの変え方がわかりませぬ。でかいままですみません。

さて動画を見てみると、なかなかリアルな赤ん坊ですね。力を注ぐ箇所が間違ってるんじゃないかってぐらい。これ本物の赤ちゃんを中継してるんだっても騙せそうだなぁ。

この記事内容からはほとんど何もわからないのですが、これはなんなんだろうか。「コンピュータ上で人間のように成長する仮想赤ちゃん」と言われてるけど、これは実際なにであって、"成長"がなにを指すのかがわからない。

ただの「赤ん坊っぽく動くプログラム」であり、よりリアルな振る舞いをするようになっていくのか。

本物の赤ん坊の脳をシミュレートするプログラムを作り、それにそれらしい見た目を付けたものであり、赤ん坊として成長するのか。

それとも、成長すると大人になるのか。

最後のはまぁ、夢、でしょうけど、でもこのBabyXが成長して何になるのかは見てみたいですね。

人がその始めから大人として生まれないように、大人の人工知能を作るなら多分子供、赤ん坊の人工知能を作ってそれを育てるって方法じゃないと上手くいかないんじゃないのかな、って予感はなんとなくしてます。要するに、人が作ったものは人未満のものになる。だって人間は理解してないものを作れやしないですからね。逆に言えば、人を超えるものを作ろうと思ったら理解も計算もできないやりかたに賭けるしかない。それ自身が世界の中で勝手に育つのを待つしかないと思います。