読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

楽園追放観てきた

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

事前情報は「アニメオリジナル」「脚本が虚淵」「全部3D」「主人公アンジェラの声が釘宮理恵」「アンジェラの尻」くらいでした。この中で一番のウリはやはり虚淵で、見た人がみんなアンジェラの尻尻胸尻その話しかしないのは虚淵脚本のネタバレを避けているからだと、いかにもありそうな感じにそう囁かれていました。

ナノハザードにより廃墟と化した地球。人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。

西暦2400年、そのディーヴァが異変に晒されていた。地上世界からの謎のハッキング。ハッキングの主は、フロンティアセッターと名乗った。

ハッキングの狙いは何か。ディーヴァの捜査官アンジェラは、生身の体・マテリアルボディを身にまとい、地上世界へと降り立つ。地上調査員ディンゴと接触しようとするアンジェラを待ち受けていたのは、地上を跋扈するモンスター・サンドワームの群れ。アンジェラはそれを迎え撃つため起動外骨格スーツ・アーハンを起動する。荒廃した地上のどこかに、フロンティアセッターが潜んでいるはず。アンジェラとディンゴの、世界の謎に迫る旅が今、始まった。

……というのが公式サイトに書かれてるストーリーですね。まぁサンドワームはどうでもいいです。そしてそんな思ったより尻とか出てこなかったような。

しかし尻について書かないとするともう書くことがない。だって原作ないから何書いてもネタバレになってしまうからなー。まだ上映中なのに書けない。釘宮理恵がツンデレだったとか当り前のこと書いても仕方ない。

ちょっとだけ関心したのはアンジェラの外見が少女であることにちゃんと理由付けがされていたことですね。合法ロリというわけだ。まぁ胸はデカ過ぎる!と思いましたが。マテリアルボディだから好きにできるんですかね。

そんなわけでなんの話もしないまま終りますが。もうしばらくしたら他の人の感想を読んでみたい。ぼくはなんかこのアニメのすごく大事なことを見落としているのではないか。そんな気がして不安が残っています。