読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

その行進はなんのため


f:id:michiaki:20150113015443j:plain:w500


みっしり。すごい数の人ですね。よくある「◯◯反対デモに×万人参加」って報道が、どれだけ盛りに盛られた数字なのかよくわかるような。

それでこの集まりの趣旨がよくわからないのですが。何のために集まってるんでしたっけ。

「表現の自由を守れ」だったら、あの風刺画見る限りそんなものはとっくに実現してるとしか思えません。ああいったものを新聞に載せることができない状態を、表現の自由がないと言うのであって、自由はとっくにあった。ただその自由を行使した結果、怒る人もいたってだけですよね。キリスト教徒は怒らないのに、とかそんなの関係ありません。

「テロ反対」だったら、意味ないですね。犯人だって、テロする前から、テロしちゃいけないなんて知ってます。それは禁止できるものではない。リンゴが落下するのを禁止しても別にいいけど、ナンセンスです。禁止したってそれは落ちる。禁止したってテロは起きます。起こさせたくないなら禁止するんじゃなくて起こる原因を突き止めて排除しなくちゃ。

行進には、国家を団結させる狙いがある。フランスでは人口の約1割を占める約600万人のイスラム教徒が生活しており、イスラム過激派と大多数の善良なイスラム教徒を混同することによる社会分断への危惧が高まっている。参加した会社社長のジャック・ジモンさん(49)は「国の結束を守るために来た。フランスは自由の国だ」と述べた。


国の結束を、といいつつ、実際には「歩み寄れ」なんですよね。フランスに住み続けたいのなら、シャルリーを認めよ。この行進に参加すること、あの風刺画を許容することが、イスラム教徒に取っての踏み絵になってるんでしょうね。なかなかキツい状況ですね。いま何を言っても通じない気がする。熱狂は怖いな。