読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

望遠コンタクトレンズとは


一般的ないわゆる「目の悪い人」向けではなく、「弱視や加齢黄斑変性症(AMD)の人たち」向けのものらしいですが、コンタクトレンズに望遠機能をもたせられるらしい。しかも、切り替えは機械制御です。

前述のように、等倍と2.8倍の像を重なることなく見るためには、レンズの片方だけの部位に光が通るようにする必要がありますが、この改良により、たとえば右目だけでまばたきをすると2.8倍モードに、左目だけでまばたきをすると等倍モードに、と電子的に切り替えることができるようになりました。


「電子的に切り替える」がいかなる仕組みに依るものなのかはわかりませんが、記事のキャッチの写真にあるような、なんかメカっぽいコンタクトレンズになるようです。

ていうかこの記事を取り上げようと思ったのはこのデザインゆえです。なんか金色のリングのようなものが付いたコンタクトレンズ。これつけたらきっとバトーさんになるよなぁ。これ付けた上からサングラスでもするんだろうか。ていうかこれ目から飛び出してますよね。目を閉じられるんだろうか。目をつぶろうとしても飛び出し部分が邪魔してつぶれないのでは。