読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

Nintendo Switchはどうなの

昨日の日記はスプラトゥーンの話だけだったので。ではNintendo Switchそのものはどうなんでしょうか。


据え置き機出してるメーカーはソニー、マイクロソフト、任天堂と3つあって、このうち任天堂はもう性能競争からは降りてます。脱落した、と言っていいかと。でもまぁ、そこは本質じゃないと思うんですよね。結局ソニーもマイクロソフトも、向上したマシンパワーをグラフィックをリアルにすることにしか使えてないわけで。リアルなグラフィック=面白いゲーム、ってわけじゃないですからね。

Switchはなんかこー、ドッキングしたりバラけたり、そういうギミックが話題です。でもああいった形になったのは結果であって、目指したところはいつでもどこでも誰とでも一緒に遊べる、っていうところだと思うんです。それを具体化したら結果ああいうスタイルになったんだろうと。だからコントローラが取り外せるとかほんとはどうでもいい。まぁ強度とか気になりますけどね。携帯スタイルで遊んでて力入ってバキっとかいかないのかと、そこはちょっと心配です。

そして今回、ゲームプレイ画面のシェアボタンを付けてきた。これはPS4の後追いなんですけど、姿勢としてはまったく正しいですね。時代は変わった。もうプレイ動画をupした人を訴えてる場合じゃなくなって、人気実況者に遊んでいただく、配信していただくことが売上げ増につながることがわかったので。あとリージョンフリーになった。これもね、意味不明な制限でしたからね。どんな制限を付けようが買うやつは買うし、制限がなかろうが買わないやつは買わない。なら遊べるゲームの数は多いほうがいい。当然ですね。製造コストも安くなるしね。

これらシェアボタンやリージョンフリーも、結局は「いつでもどこでも誰とでも」のベクトルに沿ったものだと思います。さて問題は、そのベクトルはそれほどぼくには馴染まない(笑)、ってとこですね。まぁぼくの問題です。家に呼ぶ友だちも外で遊ぶ友だちもいません。結局いままでと変わらずネットで知らん人と対戦するのが主流になりそうかなー。でもスプラ2で本体持ち寄ってみんなでわいわいやるのはちょっと魅力的ですね。それ絶対楽しいやつ。そういう集まりあったら参加を考えるかもしれません。


あとSwitch、携帯モード、これ電車のなかで遊ぶ人、出ると思いますか? たぶん出るんじゃないかと思うんですけど。PS Vitaより幅5cmくらい大きいけど……でも縦は2cmも大きくないし、厚さなんか2mm薄い。大丈夫、いけるいける!