読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

ノーベル賞おめでとうございます

ノーベル賞のもう一人の博士がなんか凄い 映画に出てくるマッドサイエンティストみたい : 2ろぐちゃんねる


ジョン・ガードン博士、エリンギかと思いました。山中教授と共同で研究してたとかそういうわけではないんですね。8日から発表が始まるってチラッと聞いてたけど、まさか初日から日本人が受賞するとは。もう1件くらい行っときます?

それにしてもTwitterの情報拡散の速度はすごい。「iPS細胞のiが小文字なのはApple社製品にあやかったため」「自分でフルマラソンを走って研究費を集めた」「民主党の事業仕分けを強く批判していた」などの知識を得ました。また蓮舫かよ。なのに、受賞は日本という国のおかげというコメント。人格者だなー。

 ことしのノーベル医学生理学賞受賞が決まった山中伸弥京都大教授らが作製した人工多能性幹細胞(iPS細胞)について、カトリックの総本山、ローマ法王庁(バチカン)は人の受精卵(胚)からつくる胚性幹細胞(ES細胞)と違って倫理面で問題視していない。山中教授の受賞について公式コメントはないが、好意的に捉えているとみられる。


こういった研究がノーベル賞を取るとか、キリスト教国であるあちらさんでも生命倫理的な抵抗が薄まってきたのかなーとか思ったのですが、ES細胞と違って受精卵を使うわけではないから問題視はされてないみたいですね。もっとも、研究が進んで再生医療よりもっと先へ進むことになったらなんか言われることは必至ですね。

個人的には、やっていいかいけないかなんて問題は主観抜きに語ることはできないのでどうでもよくって、ただ、可能であることはいずれ起きてしまうだろうと思ってます。新しい生命を作り出すなんて誘惑に人間が抵抗ができるとは思えないし、結局は最初にやった人が全ての栄誉を得るでしょうからね。