読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

自由意志がないと誰が困るんだっけ?

はたして自由意志は存在するのか? | 不思議.net

このごろあまりそういうことを考えなくなってしまって、どれどれと覗いてみたら、けっこうまともにギロンしてた(一部の、なに言ってるのか皆目わからない人を除く)。近頃は「自由意志は存在しない」派が優勢なんですのよ奥様。意外? でも脳科学者(本物の)の間ではそれ常識らしいですよ。自由意志はない、というのが現在のトレンド。

「自由意志はない」イコール「世界は決定論的」ではない。過去の情報すべてが分かれば未来に起きることのすべてが分かる。それはそうだろう。でも科学が進歩したので世界は決定論的ではないってことになったんです。にも関わらず自由意志はないとはどういうことか、ってーと、単に、わたしたちがある局面でなにを選択するかは、自分で決めたと感じる以前に決まっている、選択した内容は外部からの観察で事前に分かる、ということ。脳をつぶさに観察すればAとBのどっちを選ぶか高確率でわかってしまう。100%分かるわけではないのは単純に精度の問題、というところまできている。

客観的には自由意志は存在しない、でも主観的には自由意志は存在する。それでいいんじゃないか。自由意志なんて存在しないんだそれを受け入れろ、とは言えない(存在する派を無理矢理改宗させたらどういう暮らしぶりになるのかは興味あるが)。自由意志はないけどみなあるように振る舞ってる。それで特段問題も起こらないし別にいいのではないか。気持ち悪い、と思う人もいるかもしれないが。

たとえばそれは映画のようなもの。映画の登場人物には自由意志はない。当たり前だ、映画だから。見るたびに登場人物が自由意志を発揮して毎回違うストーリー展開になる、ということはない。映画だから。でも彼らはさも「自由意志はありま〜す」というふうに振る舞い、与えられた世界や与えられた役割を満喫している、ように見える。ぼくらもそれを映画だと知っている。途中でストーリーが変わったりはしない。上映が始まる以前からエンディングは決まっている。だからといってそれで感動が薄れたりはしない。結果が変えられないからといってそれを楽しめないわけではない。

それでいいんじゃないでしょうか。それで誰も困ったりはしない。自由意志がないと犯罪者に責任を取らせることができないって? 「自由意志なんてないのだから、これは俺がやろうと思ってやったわけではない」って主張されるって? その同じ理屈で逮捕して留置場に放り込んでおけばいいんですよ。「すまんな、逮捕するのも俺の自由意志じゃないんだ」って。