読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

ただしい音楽の聴き方

593 :名無しの笛の踊り:2013/10/13(日) 18:50:23.47 ID:X8eUL1A4
純米酒を呑みながら交響曲1番を聴く。

この時期にこの酒と料理、この音楽は実によく合う。
この組み合わせを味わえない人は不幸だとさえ思う。


ゴーストライター発覚以前の昔のスレから拾ってきたもののようです。ねぇいまどんな気持ち?

こういうのを避けるにはどうしたらいいのか。最初から、あらゆるものは、サムラゴーチ化する可能性があるんだと考える? 保険を掛けておくような感じですね。それともそんなこと考えずに信じきって聴く? そのほうが感動が大きかったりするんでしょうか。もちろん、めったにないけど裏切られた時のダメージはでかそう。

それとも別の道で、純粋に、ノイズに惑わされず音楽だけを聴く、ことができるでしょうか。いやむしろ、かえって、佐村河内守氏の曲は、今こそそういう聴き方がしやすいのかもー、と思います。誰が作ったとかどういう状況で作られたとか、そういうのナシで聴く。

まぁでも、"ほんものの"クラシックと比べるとまぁ通俗的な曲だよねー、ってのがプロの評価のようですが、それでも、自分がいい!と思ったんならそれでいいんじゃないでしょうかー、と思います。そうか、他人がどうこう言うのをあまり気にしないほうがいいんだな。


それはそれとして、ねぇねぇいまどんな気持ち?って聞いてみたいってのはありますね。昔高評価してた方々に。

26 :名無しの笛の踊り:2013/04/21(日) 07:35:34.81 ID:DSEbMveA
ほんとにもう、「出る杭は打たれる」典型だな。
嫉妬深くて成功者の足を引っ張るのが好きなんだな、お前ら。


ゴウチの真偽に関わらずその指摘は真実だな。すまないね。まぁ君もぼくも両者とも負けってことで勘弁してくれないかw