すべての夢のたび。

旧「で、みちアキはどうするの?」

なぜ人を殺してはいけなかったのか

「なぜ人を殺してはいけないのか?」の疑問には誰も答えられない - はてな村定点観測所


この記事を読んでまず思ったのは「はてなブックマークってユーザー増えたのかな」でした。この記事自体は問いについての自分の答えを述べているわけではないし、「誰も答えられない」ということを言っているだけなのに、なんかすごい数のブクマが付いていていいなぁと思う(笑)。

ぼくが昔、一生懸命人力検索やはてダで同じテーマについて考えたり答えたり叩かれたりしてたときは、ブクマ100も付いた記事なかったと思うなぁ。単純にあまりおもしろくなかっただけかもしれませんが。

結局ぼくの結論はどうだったのか。昔の記事を漁るのはめんどくさいので記憶で答えてみます。

ヒントは、誰かが言った「『殺してはいけない』って誰が言ったの?」という「質問に質問で返す」ことばでした。そう、誰が言ったかってよくわからないんですよね。ぼくはいつのまに、誰から聞いて「人を殺してはいけないんだ」と思い込んでしまったのか?

そして考えて、別にそんなこと誰も言ってないや、とぼくは思いました。

女子高生がしたように、じじつ人は殺せます。禁止命令があろうがなかろうが、関係ない。そんなもん関係なく、良い悪い以前に、正しい正しくないよりも以前に、人は殺したり殺されたりすることができる。ただまぁ、多くの人は殺されるほうはイヤなので、人を殺した人は、それに応じた報いを受けるような仕組みに、世の中はなっている。

法律には「人を殺してはいけない」とは定められていません。単に、「人を殺した者はこれこれの罰を受ける」とあるだけです。それでよければ、納得すれば、することができる。もちろん納得いかなければ、殺して、逃げることもできる。逃げ切るのは難しいでしょうけどね。

そういうもろもろを説明するのはすごくめんどくさいし、ちゃんと自分の頭でも考えないと腑に落ちることもないだろうから、世の中はそこをすっとばして「人を殺してはいけない」って命令にしてある、というのがぼくの理解です。

なので、たぶんこれからもずっと「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問いに「ストレートに」答えられる人は現れないと思います。だいたいね、この問いは仮に「○○○だから」って形式で答えたとしたら、必ず「じゃあ○○○じゃなかったら殺してもいいのかよ」という人が出てくるんです(例:「自分も殺されたくないから」「じゃあ宅間守なら殺してもいいのかよ」)。仕組み上、ひとことでは答えられっこないのです。

花がむしられる

“ひと皮むける決意” をした男性が病院で手術 → 目が覚めると皮だけでなく元から切断されていた / ネットの声「悪夢が現実になった」 | ロケットニュース24


その「ソーセージと包丁」の写真ヤメや!って思う。痛いから(笑)。

1人の男性が、「ひと皮むける決意」をして病院で手術を受けたところ……なんと元の部分から切り取られていたのだ。報道されている概要と、それに対するネットの声をご紹介しよう。

悲劇の主人公となったのは、アメリカ・アラバマ州の男性、ジョニー・リー・バンクスさん、56歳だ。彼が体験した目覚めは、最悪としかいいようのないものである。


既婚56歳男性がなぜいまごろ「ひと皮むける決意」をしたのかは定かではないですね。なんか事情があったのでしょうが。

なぜなら、信じられないことだが、男性にとって大切なアレがなくなっていたからである。花びらを少しめくって蕾(つぼみ)を出そうとしただけなのに、花ごとむしり取られてしまったのだ。もしくは、邪魔な枝を切って風通しをよくしようとしたら、木ごと切り倒されたとも言えるかもしれない。


もとのページ見に行ったけど花だの蕾だのは書いてないので、ここロケットニュースさんの超訳ですね。笑った。

このような事態になり、彼は「花ごとむしり取られるなんて、一切警告を受けていない。同意した覚えもない」として、裁判沙汰に持ち込んだ。また彼の妻も、「配偶者の座」を失ったとして訴訟を起こしたという。


裁判したところで花は戻らないですけどね。そんなのわかってるけどやるしかないですね。失われた花の名誉のために。

もとのページ見ると、かつてあった似たような裁判の話に触れてました。手術中に致命的なガンが見つかったので切ってしまった、というものでした。まぁ何もなしに医者が花をむしってしまうこともないと思うので、おそらくそういったことなんでしょう。56歳にもなってひと皮むけようと決意して病院に行ったのも、なんか兆候を感じた結果かもしれないですね。

「心がある」とはどういうことか?

昨日観た『her/世界でひとつの彼女』の影響ですこし考えてるんですけど結局いつもとおなじだ。

コンピュータとかアンドロイドとかロボットとか、まぁどれも似たようなもんですが、そういう機械知性ができたとして、それに心があるか、心を持っているかどうか、ということがなんでか気にされる。昔からのテーマですね。どうしてみなそこにこだわるんでしょうね。

心がない、心を持っていないとはどういうことか? アンドロイドがいて、まったく人みたいな受け答えをするのでふつうに話をしていたんだけど、でも製作者が「これには心がありません」と言ったら、こっちの対応が変わるんでしょうか?

おそらくぼくは、心があるとかないとか関係なしに、人みたいな受け答えをする機械知性が現れたら、人はそれに対して人を相手にするように振る舞うと思うんですよね。ひどいことは言えないと思う。おまえ機械だろ、心なんてないんだろとは言えない。だってそれで傷ついたような応答されたらヤじゃないですか。

……というあたりが、いままで来たところ。機械知性が人っぽければ心の有無なんて実際関係ないんじゃね?っていう。でもなーこれじゃ問題を避けてるよなー。もう少し先へ行きたいのですが。

そもそも「心がある」ってのはなんのことを言ってるの?というのがよくわからなかったんです。でもちょっと考えたんですけど、こんな感じでしょうか。iPhoneのSiriは、呼ばれたらそれなりの受け答えをするけど、呼ばれるまでは何もしてない。もしかしたら存在すらしてない。呼ばれた瞬間に生成され、適当な答えを返し、消滅していく。でも『her』のサマンサは、こちらが呼ばない間も、居て、何かを思ったり考えたり感じたりしてるような、気がするんですよね。

心があるってそのようなことでしょうか? どう? ちがう?

でも相手に心を見出すのってたぶんこっち側なんですよね。結局のところ、相手に「ほんとうに」心があるかどうかって、どこまで行ってもわからない。なのに、機械に心があるかどうかを気にしてるんです。それも変な話ですよねぇ。石に心があるってわかったらどうすんだろ。ずっとじっとしてるけどあれ実はなんか考えてるんです。蹴れなくなったりするのかな。

『her/世界でひとつの彼女』観てきた

なんか人工知能と恋愛する映画をやってるらしい、と聞いて。その手合いはたいてい、設定上コンピュータということになってはいるけど反応はほぼ人間のソレで、中には身体を持ってるヤツもいたりしてチッ、とか思うんでたいてい食指は動かないのですが。

でもichinicsさんが感想書いてたの見て、よしこりゃーと思って観てきました。(観た時点では記事読んでない、あとで拝見しました)

映画『her/世界でひとつの彼女』大ヒット上映中!

結果、すばらしく良かった。良い映画でした。



このポスター(笑)。この人オカマさんなのかなと思うよね。

彼、主人公セオドアの職業は手紙の代筆屋なんです。もうその設定でグッとくる。日々、コンピュータ相手に(親)愛のことばを囁やいている(PCはみな音声認識になってます)。その彼がある日自宅のPCにインストールした最新型のOS、人工知能搭載のソレ。ユーザにかたりかける声を男声/女声で女声を選んでしまったために、彼女、サマンサとやがて恋に落ちてくはめになるわけです。

という映画なんですが、ぼくは途中からだいたいほろほろと涙をこぼしながら観てました。彼女と彼の関係つーより、この彼、セオドアがほんとにいいやつでな……。優しいんよ。そして正直な。その正直さで時には相手を傷つけたりすることもあるのだけれど、でもそれ、偽りの言葉で応対して表面上取り繕うよりずっといいじゃんか、と思ったのでした。

そして彼の周囲の人々も基本的におなじ。優しくて正直でいいやつ。心から相手のことを思いやり、世辞でなく褒め、悲しみを悲しみ気遣う。そういったやりとりを見ているうちにほろほろと。ああいい人どうしだと世界はこんなに綺麗なんだと。


肝心の人工知能の描かれ方はどーなんよ、って話ですけど、いいセンかな、って思いました。起動からラストまで、ありうる、と想像できるイベントで構成されてた。はじめて目が覚めて世界に興味しんしんなこと。身体がないことへの戸惑いと受容。でもやっぱり"人間"だったな。そこは期待を持って観に行ったわけではないのでいいのです。ぼくは、ただ応答するだけの機械と、チューリングテストに合格するAIの、その中間のものを見てみたいのですが、そんなもんに興味持ってるひとはすくないのかもしれません。(もしかしたら統合失調症の人や発達障害の人のそれが近いものかも)

あと劇中でサマンサが会話してた別のAI、哲学者の著作を元に構築された人工知能がアラン・ワッツで、おお、と思いましたね。お薦めだけどタイトルがひどい本 - すべての夢のたび。で紹介してる本の著者です。センスいいな(上から目線)、でも日本でこの映画観てる誰も知んないだろーなーと思いました。アメリカではそれなりなはずですが。


音楽も良い。The Moon Songヤバい。iTunesでもアマゾンでも買えますけど米Amazonが一番安いようです。


彼女と彼が一緒にいて盛り上がってはしゃいでる時でも、彼女は身体がないから画面上はいつもひとりなんです。なんかひとりで楽しそうな人が延々スクリーンに映ってる。ぼくか、これぼくか!とか思いました。

ゴムなしバンジージャンプ

30mの自由落下を体験!!ネットに飛び降りるゴムなしバンジージャンプアトラクションが恐ろしい!! | コモンポスト

デンマークには、30mの自由落下を体験できるネットに飛び降りるゴムなしバンジージャンプアトラクションが存在します。落ちる感覚を純粋に楽しめるアトラクションをご覧ください。

このアトラクションは、デンマークにある遊園地「チボリフリーヘデン」に設置されている「スカイタワー」と呼ばれているアトラクションです。

楽しみ方は単純で、タワーの上から吊り下げられ、ネットに向かって落ちるだけです。ネットまでの高さは30m以上あり、自由落下を楽しむことができます。


ゴムなしバンジージャンプ。いや待て。バンジーとはゴムのことであるのでゴムなしゴムジャンプというわけであって、そりゃただのジャンプなんじゃないのと思うけど、映像見る限りただ落ちていくだけでそもそもジャンプなんてしていないので「ゴムなしバンジージャンプ」という形容は実はあらゆる意味で間違ってるんでありました。

それはそれとしてこれやってみたいなぁ。大の男がマイガアアアアァァァァ……と悲鳴を上げながら小さくなっていくのが面白おかしい。安全のためなんだろうけど背中から落ちてくのも恐怖感を煽ってるのかな。まぁ下向いて落ちてくのはまた別の恐怖かもしれません。

関心が届かない世界のこと

よく読んでるブログ「in Deep」さんにこんなことが書かれていました。


In Deep: パンドラの箱が開いてしまったかもしれない2014年

・イスラエル軍は爆撃の前に攻撃対象となっている施設(学校・病院など)から出るように通告する。

・しかし、ハマスは、攻撃される際に住民が建物から出ることを許していない。

・攻撃前に施設や建物から住民が逃げる場合、ハマスは罰する(殺害する)ので住民は留まる。


イスラエル住みの知り合いから聞いたとのことです。なるほどなー。こういう話は報道されないですもんね。

なんでイスラエルは学校・病院を爆撃するか? それはハマスがそこに武器を隠しているから。そしてこのあと、イスラエルは通告の通りに爆撃実施、民間人の死者たくさん。そういうストーリー。

ハマス側も民間人を都合よく利用してるわけです。イスラエルが爆撃を止めれば万々歳だし、爆撃されても民間人の犠牲者をPRに利用できると。


それでぼくらがこの戦争に対してどうすべきかって言うと、なにもできることはないと思います。干渉しないことかな。ぼくら宗教とかわかんないじゃないですか。理解できない。対立の構造までは知識として理解できるけど、そこに絡み合った感情とか絶対わからない。そんなで解きほぐせるわけもない。こんな平和な国で戦争反対デモしたってね。遠すぎます。なのでほっとけと。

デモするとしたら、それはただ自分たちのためですね。ただ為す術なく積み上げられる死を見つめているだけでは心がおかしくなってしまうから。そういうのに耐えられない人たちが、自分たちのためにデモをして心を落ち着かせる意味はあると思います。まーぼくは別に平気なのでそういうの必要ないです。

ネットユーザーが選ぶ顔

インターネットユーザーとそうでない人には異性の好みに違いが生じることが判明(英研究) : カラパイア

 インターネットを頻繁に利用している人は、インターネットを利用していない人と異性の好みに違いがあることがわかったそうだ。


 イギリス・スコットランドにあるセント・アンドルーズ大学認知研究所の科学者らの調査によると、インターネットを頻繁に利用している人は、男らしく見える外見を持つ男性、また、ほっそりした女性らしい外見を持つ女性を好む事がわかったという。この新しい発見はインターネットを通してメディアがいかに人の外見の好みを変えているかを証明するものだ。


興味深い研究。まぁ政治思考も異なるくらいだから異性の好みも異なるだろう、という。ぼくもふつうに、ネットユーザーが好みそうなほう、とされてる女性のほうをいいと思いました。男性についても同様。ネットユーザー好み、とされてるほうが良く見える。

しかし逆に、比較に出されてる顔つきは、なぜネットを使ってない人たちはそちらを好むのか。それがわかりませんでした。逆向きの選好が生まれる理由がわからない。ネットを使ってない人たちが好むとされてる顔は、ぼくから見るとイモっぽい、垢抜けてない、そういう印象を受けます。なぜそれが好まれるのか?

不思議に思って記事を読んでいくとこんな記述が。

 「また高体重の女性を好む理由としては彼らの住む環境に起因していると思います。高体重の女性を好んだ人の多くは満足に水道施設の恩恵を受けられない人々でした。収入と食糧確保が不安定な地域で暮らす人々にとって高体重の女性の方がより生存率が高く、子供を出産できる可能性が高い。そういった理由が今回の結果に表れているのだと思います」


それって「ネットを使ってない」じゃなくてただの途上国なんじゃねえか(笑)。そりゃそうかもしれない、昔のインドでは太ってる女性のほうが美人、とされてたみたいですし。これネットを使ってる/使ってないじゃなくて結果的に別の基準での調査になっちゃってるんじゃないでしょうか。