読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

旧「で、みちアキはどうするの?」

都知事選 期日前投票

行ってきましたよ。小池百合子氏に入れてきた。

例によって千代田区役所です。千代田区は期日前投票ができるところが3ヶ所あるんですが、千代田区役所以外の2ヶ所は開始が遅くてまだやってないのです。1つは和泉橋区民館、秋葉原の書泉ブックタワーの隣ですね。もうひとつは麹町らしいけど知らん。

それで今回、行こうと思ったんですけど、入場整理券がまだ届いてなかったんですよね。でも行けば投票はできるって聞いていたので、行ってきました。結果から言うとまったく問題なくできました。

期日前投票の会場に行くと、宛先の印刷のない入場整理券が机にいっぱい積まれていました。それにいつもの期日前投票のように住所氏名を書けばOKでした。たぶんぼくのようにまだ整理券がないのに期日前投票に来る人がいっぱいいるんでしょうね。

投票所に入ると、ノートパソコンでぼくが有権者本人であるか照合している様子。ちょっと時間が掛かりました。そしてなにやら印刷されたシールを、入場整理券の宛名のところに貼ったみたいでした。それであとはふつうに投票用紙もらって投票して終わり。

おそらく場所によって違うんでしょうけど、千代田区はちょっとチェック甘くないかな?って思いました。なーんにも、確認されなかったもんね。本人を証明するものも要求されないし生年月日も聞かれない。これ住所知ってれば成り変われるなぁって思いました。まー態度が怪しかったらツッコミ入るのかもしれませんけどね。

それでほんとうの投票日はまだ先なわけですけどぼくの都知事選はもう終わりました。あとはデカい醜聞が出てこない人が勝つんじゃないですかねぇ。っていうと増田氏有利な感じあるなぁ。

ツバを吐く動画


これはちょっとインパクトあった。先日のフランスのニースのテロで、トラックを運転していた犯人が射殺された現場がいまどうなっているのか、という動画。

夏らしい爽やかないい天気ですね。そして射殺現場はゴミが積まれている。石ころ、ゴミ、空のペットボトル。人々はわざわざ来て、ゴミを投げ、憎々しげにツバを吐きかけていく。女性までツバ。

呪いに相当するものなんでしょうかね。お前などは底の底の地獄へ行けばいいという。

でも、この動画が見られてよかった。サッカーの選手、ジダンでしたっけ。試合中になんか言われて頭突きして一発で退場になったこと、あったじゃないですか。そんな、言われるだけでそこまでの怒りを与えられる言葉って、日本にはない。いったいどんなことがあったらそんなに怒ることができるのか、想像もできない。けれどこの動画の中ではふつうの人たちがすごく怒っている。公衆の面前で、犯人とはいえ死人にツバを吐きかける。どうだろう、日本人は、死刑になるような人間が相手でもそこまではしない気がします。

それでこの動画をまた、テロリストの出身国の人たちが見たらどのような気分になるだろう、というのを想像したいのです。想像したいのだけど、とても無理。そこまで複雑で深い人生経験はぼくにはありません。

アシカと魚群動画


青というかエメラルドグリーンの海、に、黒々と映っているのは魚の群れです。オーストラリアらしい。

サーファーたちのところにやってきたアシカが魚群に突っ込んでいくと、さーっと魚が逃げていく。アシカが通り過ぎたところはまた魚がやってきて、離れたのがくっついていく。アシカがまた回りこむけどまた同じことの繰り返し。よく見るとサーフボードの周りも魚寄ってこないですね。

ぼーっと見てると気持ちいい。しかしこれ、アシカ、本気で泳いでないんじゃないのかなぁ。だってこんなじゃ食餌にありつけない。たぶん遊んでるだけなんじゃないかと。もっとも、逃げる側は命がけでしょうけど。

しかしこんなアングルでの撮影がかんたんに出来るようになって、ドローンの時代はすごいですね。そしてさらにこれがVRとくっつくわけですよ。楽しみです。

離婚調停4回目

前回 → 離婚調停3回目 - すべての夢のたび。


さて今回、ちょっと変化がありました。ついに相手方が代理人を立てた、弁護士を付けたのです。これで調停の速度はいくらか上がるのではないかと思われます。向こうが出してくるトンチキな要求について、事前に弁護士さん(常識の守護者)が「こりゃいくらなんでも通らねえっすよ」って言ってくれることが期待できますからね。

しかし、上記以外の進展はほぼなし。向こうはまた銀行の明細を持ってこなかった。前回調停から1ヶ月以上、しかも持って来いって言われたのは前々回ですよ。それだけ掛かって書類のひとつも揃えられないってなんなんだよ。その他にも提出されるはずだった複数の書類が出てこない。まぁこれも、弁護士が付いたことで改善されると思います。弁護士いてもこのトロさだったら調停委員に対する印象がどんどん悪くなるだろうから、弁護士が急かすでしょう。

で、このように、今回は向こうの宿題が終わってないので話もさっぱり進まず、前回の半分くらいの時間で調停が終わってしまったわけです。ていうかですね、調停委員さんによると、代理人を立てることにしたのがつい最近で、まだ意識合わせもあまり進んでない様子、とのことでした。その場で初めて出てくる話で弁護士初耳、ってのがいくつかあったと。まったく相変わらずで笑える。

最後に、向こうの弁護士さんがこちらの弁護士さんと面通ししたいということで、それをしておしまい。ついでなのでぼくも会って名刺もらってきました。やや年を取ってて真面目そう、堅物そうな印象。胡散臭そうなところはなかった。ぼくの法律上の配偶者の言い分に振り回されないといいんですけどね。

てな感じで、ご報告できることがあまりありません。しかし「あと2回くらいで決着するのではないか」とうちの弁護士さん。次回、書類が揃って双方の言い分を全部出して、次々回で調整みたいな。そこで決まらなかったらもう裁判だそうです。

都知事選

宇都宮健児氏が降りてしまいましたねー。4強対決になるかと思ってたのに。宇都宮氏が降りなければ、

  • 与党/有能…小池百合子
  • 与党/無能…増田寛也
  • 野党/有能…宇都宮健児
  • 野党/無能…鳥越俊太郎

っていう2✕2のマトリックスから好きなの選びなよ!って選挙だったんですけどね。野党を選びたい人は選択の余地がなくなってしまった。

なんでそこで鳥越を切らないで宇都宮を切る!?って大きな疑問があるんですけど、実は政策もなにもないからっぽのところが鳥越の良さだという話を聞きました。ほら、下手に候補者の考えがあると野党間ですり合わせに時間かかって合意できないから。神輿は軽いほうが担ぎやすいってやつですね。

さてぼくは今回は、小池百合子氏ですかねー。増田氏の過去の悪評はいろいろ聞くんですけど、個人的には親韓派ってだけで対象外です。小池氏は政策はよく知らないけど仕事しそうではある。それに女性の都知事っていっぺん見てみたい気がするんですよね。なにか女性向けの政策を打ち出したりするのかっていう。

鳥越氏はまぁ論外ですね。ほんと、投票前に健康診断結果と痴呆検査結果を公表してもらいたい。もし仮に、小池氏が不調で増田氏か宇都宮氏か、の2択になってしまったら、野党とはいえ仕事できそうな宇都宮氏を都政のためにぼくは選んだと思うんですけど、鳥越俊太郎はないわって。

小池氏は表現規制派じゃん、って指摘もあって、先日の参院選で表現規制反対派って一点だけで山田太郎氏を推してたのにどうなの、って話もあるんですけど、表現規制って再優先の政策じゃないはずですからね。都は他にもっと先に手を付けて片付けないといけない問題がいろいろある。その辺考えて、表現規制とか言い出すまでにまだ猶予はあるんじゃないかって判断です。

ポケモンGO

始まりましたね。アメリカとかで。ぼくはフィールドテストに参加してたのでアプリはダウンロードできるのですが、日本の町はなにもない草地がただ広がっているだけです。もちろんポケモンもいない。チュートリアルでヒトカゲを捕まえましたけど。

デザインはテスト時のものから細かく変わってるみたいです。見た目として、プレイヤーが歩く時に足元から広がっていくキラキラしたエフェクトが出てたんですけど、それがなくなった。だいぶさっぱりしちゃいましたけど、あの効果かなり重かったんでなくなってよかったかなと。ゲーム全体が少し軽くなりました。あと、アメリカからのスクリーンショットを見ていると、ポケモンのCP(コンバットパワー)値がすごく低い。テスト時の1/10くらいしかない感じです。これはどうなってんのかなー。初期値を低くして成長の幅を大きくしたんだろうか。

アメリカでの流行り具合はぼくの想像を遥かに超えるものでした。いやほんと、これ日本で始まったら「なんでこれが……?」って思う人きっといっぱいいるはず。いまのバージョンで出来ることってポケモン捕まえるのがまずメインで、あと申し訳程度のバトルって感じですもん。交換もできないし。でも本質はポケモンを見つけて捕まえる部分だったのかなって。そこが面白ければこのゲームは成功だったんでしょうね。開発陣もボールの軌跡とかにすごいこだわったって言ってたし。

まぁ早く遊ばせてくださいと思ってます。日本で始まらないのはサーバ増強中だからだとか? そこら中でトレーナーを見かけることになるんでしょうね。そして歩きスマホがあらためて問題になるわけだ。

悪い夢

夢の話って本人以外にはぜんぜん面白くもないと思うんですけど、印象的だったので書きます。最悪から2番目くらいの。

2時間で3つの夢を見たんです。目覚まし掛けておいたので2時間って分かった。

Aの夢を見て飛び起きた、と思ったらそれはBの夢の中で、それから起きた!と思ったらCの夢の中だったという。ほんと、眠りと覚醒の境界が付いてなくって、まぁ全部夢のなかだったって話なんですけどね。

Aの夢は巨大UFOが降りてくる夢で、まぁカーテンの向こうでそいつが明滅してるわけですよ、東京上空を覆うようなでかいの。みんな車とかで逃げ出そうとしてて、それから覚めた、と思ったら自室の中に知らん人がいっぱい入ってくるBの夢で、おいおいおいと思ってるうちにそれも覚めて、Cの夢が始まった。

Cの夢は、なんか広い公園で、夜で、どうしてか自分はシート敷いて全裸で寝てたんですよね。気持ち良さ気に。そしてちょっと、その場所を離れた間に夜が明けて、人がいっぱい来て、自分の寝てた場所がわからなくなるっていう。

まぁ大変ですよそれ。服も財布もないんだもん。ぼくは全裸で股間を手で隠して人々の間をひたすら彷徨ってました。この捜索シーンが異様に長いわけですよ(笑)。

でも結局服と財布は見つからなかったんです。めっちゃ探したのに。それで飛び起きて、財布置いてある場所見たら(ベッドから見える)、財布がない! あああーカード停止とか再発行とかくそめんどくさいんですけど……って思いながら、目覚ましの音で起きたらちゃんと財布があった(笑)。

つまりABCの夢プラス寝惚け、ですね。ほんと、最後に財布見つけたときの安堵感ったらない。

ちなみに一番最悪の夢は、夢の中で追い掛けられて飛び起きたらカーテンのところにその人が立ってた、ってやつです。その後の記憶がないのであれは気絶したんじゃないかと思う。