読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

旧「で、みちアキはどうするの?」

引っ越し

さていよいよ当日ですが。有給休暇取得して平日のお引っ越し。時間指定なしの便にしたので何時ころ来るのか不明だったんですが、いちおう前日になって14時ころうかがうと電話がありました。

まぁそう聞いたら油断しまくりですよね。おーまだ午前中が片付けに使えるぜーみたいな感じで、日曜夜もそこそこの片付けで寝てしまいました。月曜もネット巡回などしてから、さてやるか!みたいな感じでダンボール箱を組み立て中身をがんがん放り込んでいく。

そしていつものことなんですが、片付け終わらぬうちに業者到着という。若い人とさらに若い人(学生にしか見えぬ)のコンビ。本日はよろしくお願いしますということで先にポチ袋を渡す。梱包済みのダンボールのほか、見かねた感じで業者持参のダンボールが組み立てられいろいろとそこら中のものが詰め込まれて勝手に運ばれて行きます。今回ロフトベッドと本棚の廃棄もお願いしていたのでそれらもバラされていく。次の部屋は広いのでロフトベッドは不要かなと。あれあるとものすごい圧迫感があるんですよね。せまい部屋だったので逆に潜水艦みたいで面白かったですけど。あともう紙の本は基本的に買わないと決めて、持ってる分もほぼ処分してしまったので本棚もいらなくなった。

あらかたトラックにダンボールを詰め込んだところで、残りはあとでやりますと宣言して新居へ向けて出発。もちろんトラックとは別移動ですけど。家を出てしばらくしたところで、あ、大家さんに渡そうと思ってた挨拶の品を置きっぱだわ……と気付く。品川駅で適当なものを買いました。最寄り駅を降りて、日も暮れた雨の中を新居へ歩いて行くと、ちょうどばっちり一方通行の向こうからトラックがやってきた。タイミング良い。そして一車線の一通にトラック停めて引っ越し作業はできないよねぇ、どうしたもんかねぇ……と3人で悩んでいたところ、お年を召した女性が現れました。これが大家さんでした。あらあらそんなのいいのよと言われつつ買ったものを押し付けてよろしくお願いしますとご挨拶。そしてトラックを停めても大丈夫な場所を紹介してもらって荷物を運び込みます。

運び込みはさすがに早かったですね。積み込みは2時間以上かかってたんだけどその半分以下でした。もう適当で、そこら辺に積んでください!みたいな。

そうしてとにかく引っ越しのようなものは終わりました。一番メインとなる部分は終わったというか。ほんと、ただ荷物が運ばれただけ。新居のレイアウトは未定だし、PCほかの配線もやってないし、旧宅の掃除も片付けもやってない。そうなんですよね、ふつうの人の引っ越しはもっと遠距離になったりするので、もう二度と戻らん感じでちゃんと後片付けしていったりするんでしょうけど、ぼくとか同じ都内だから片付けとか最初っからあとでやればいいや感覚で、賃貸の期間もまるまる1ヶ月ダブってるし、このような雑な引っ越しと成り果てるのでありました。ていうか、あれだけ部屋がせまいと片付けながらの掃除とかそもそも無理。荷物詰めたダンボールの置き場もないんだもん。許可もらって階段の踊り場にダンボールの山を築かせてもらったくらいだし。

まぁ終わったし飲むか!と、ほんとは終わってないのに飲みに行きました。飲み屋もあらたに開拓しなくてはなりません。前のところに比べたら数えるべくもない感じですが。

スカヨハ攻殻トレーラー


不安が現実になりそう。なんですかねぇ、このブレードランナーとマトリックスを混ぜたようなやつは。キャラは似せようと頑張ってるのはわかるけど見た目だけか。たけしもなぁ。荒巻が銃撃ったあとにあんな顔するかね。口は閉じてるだろうと思うけどなぁ。たけしがやるとなんでもヤクザになっちまう。

ガイジンの考えたニッポンみたいな街並みもどうなんでしょうか。ハリウッドで作るにはああせざるを得ないのかな。

しかしまぁ、攻殻機動隊のテーマみたいのはその辺にはないと思うので、映像を見ただけではわからないですね。通して見たら案外攻殻っぽいのかもしれない。あ、でも押井守版がベースになってるらしいってのがもうひとつの不安要素ですね。もともとよくわからんものがさらにねじくれそうな気もします。

人生に価値はあるか

なんどか書いている気もするし、ときどき思い出しては考え込むので何度も書いた気がしているだけかもしれません。


ぼくの考えでは、人生に価値はないです。誰かのいう、人は生きているだけでいいんだみたいな話、あれはまぁでまかせ、死にそうな人を死なせないためのその場しのぎの嘘だと思ってます。

ただ、価値はないけど、ないので自分で作ればいい。作ればそれはある。あることになる。ぼくは価値を作ったので、ぼくの人生はぼくにとって価値のあるものです。誰かが「お前の人生に価値なんかねーよ」といっても揺らいだりはしない。外から与えられたものじゃないですからね。


賛意を求めてるわけではないのです。そして、いや、人生に価値はあるよ、という人もいると思います。ぼくも、べつにそっちでもいいです。「人生には無条件に価値がある」のでもいい。でもそれって、神様がいるってことです。

どうしてそうなるかって? だって宇宙は、この世界はちりあくたから生まれたものですよね。そもそも生命が発生するか、人間が生まれるかどうかなんて最初はわからなかった。「人間がさき、価値はあと」なんだなぁ。価値とかいう概念を作り出すほどに人間という知的生命体が進化する必要があった。

そうでなく、価値は人の存在とは関係なしにある、無条件にある、外部にある、とするなら、それはこの世界を計画した存在がいて、それを保証しているってことになります。それって神ってことですよね。人生に価値があるなら神様がいるんです。なんかそれって素敵じゃないですか?


というわけで、「ならば」です。PならばQ。人生に価値があるならば神は存在する。Pが偽の場合はQの真偽は不明なので、ぼくの考えでは神は存在するかどうかは不明です。

ポケモンGO Plusを落とす

酔っ払って帰宅して、なんとなくもうそのまま適当な感じで寝てしまい、深夜にトイレに行きたくなって目が覚めました。

寝ぼけたままトイレに向かい、便器の前に立つと、カラン、ちゃぽん、という音。なんだ、と思ったら便器に溜まった水の中に沈んだ赤と白のガジェット。うわわわと慌てて手を突っ込んで拾い上げました。シャツの裾に巻き込んでいたのが落ちたらしい。幸いまだ用を足す前だったので水は綺麗なままでした。

すぐドライバーで蓋を開けて、蓋、電池、本体に分解しました。それぞれよく拭いてからドライヤーで風をあて、充分乾いたなーってところでさらにそれぞれティッシュペーパーにくるんで半日放置。もうええだろってところで電池をセットして蓋を閉め、さて動くんですかね……動きました。良かった。

おそらく蓋がちゃんと閉まっていたから内部への水の侵入がほとんどなかったものと思われます。ボタン側はどうなってるのかわからないですけどね。多少の防水は考慮されているんだろうか。

ポケモンGO PlusはポケモンGOをやるにあたっては非常に有効なデバイスのため、落として無くしたらいやだなぁと思って予備を注文したところでした。紛失は考えてたけどまさかトイレに落とすとは思っていなかった。今回はなんともなかったけど、予備を注文したのは正解だったなぁ。

あと、これ、よく部屋のどこかに置いて忘れてしまうので、サーチ機能が欲しいんですよね。スマホから検索掛けたら振動して欲しい。ときどき自分の振動で勝手に机から落ちて行方不明になってるんですよね。

人と関係する

引っ越し元の町では、ぼくにしては珍しく知り合いがたくさんできました。まぁ、ほぼすべて、いや、すべて、飲み屋関係ですけどね。飲み仲間とか、お店の人とか。合計したら30人くらいにはなるんじゃないでしょうか。

ぼくは普通の人のふりをして、その人たちと付き合っていました。ブログやTwitterで言うようなことは言わない。変な思想もなく、政治にも関心のない。LINEでスタンプを送り合ったりするような。

これでもけっこう人気だったんですよ? だって送別会まで開いてもらったもんね。引っ越し先近所にしなよって引き留めてもらえた。あんまり会えなくなるねって残念がってもらえた。

でも引っ越しちゃうんですよねー。まぁなんか、そういう知り合いより、自分のやりたいことを優先したい。あと、ほんと申し訳ないけど、仲良くなりすぎてしまったかなーってのもある。いろいろ誘われたりするしね。そういった、関係を続けるためのコストを、あまり払いたくないんですよね。人としてそれってほんとにダメだと思うんだけど。

じつは女性からアプローチ?されたことまであるのです。ぼくが積極的にいけば、たぶんこう、他で2人だけで会ったりとかできたと思うんですけど、ちょっとまだ、いやもしかしたらこの先ずっと? そういう気分になれなかったっていうか。それにもういろいろと考えてしまいますよ。今から付き合い始めて、付き合ってさ、その先に何があるんだろうって。向こうだってそんなに余裕ないだろうしもう真剣な交際にならざるを得ない。こわい。こわすぎる。

でも一度、家に行っていい?って聞かれたことがあったんです。お断りしました。散らかってたので(笑)。あれは失敗だったなーって思ってます。人をいつでも呼べるような家にしておくべきですね。新居ではそれだけは心がけたいと思ってます。そうでないとチャンスも呼び込めない。付き合いたいのか付き合いたくないのかどっちなんだ。まぁなりゆきですよねそういうのは。

終わってない

離婚調停関係は全部終わったんじゃないのって思ってましたよね?  そのはずなんですが。

 

 結婚したのだからふつう生計を一にしますよね。光熱費やらなんやらは全部ぼくの銀行口座から引き落とされるようになってました。そして別居してからもそれらはそのままでした。生活費の他にもいろいろ払っていたわけです。

 離婚が成立したので、もうそんなの払う必要もないわということで、次々に支払いを停止していったわけです。ですが、向こう側で引き落とし口座の手続きをしなくてはいけないものがひとつあり、そしてそれが遅れ、今月分もぼくの口座から引き落としとなりました。本来ぼくが払う必要のないものを立て替えた形です。

 そのお金を向こうに請求しました、こちらの口座に振り込むようにと。そしたら向こうはなんて言ったと思います?  「離婚調書に『今後一切の債権債務は発生しない』とあるので払う必要はない」とか言い出したんです。

 アホかと。それじゃそっちが手続きして口座変更を済ませるまで、こっちの口座から引き落とされ放題じゃないかと。そう言ったのですが無視されている状態です。

 まぁ調停自体でかかったお金に比べたら大したものではないのですが、これは金額の問題じゃありません。そういう、ナメたマネされてることが我慢ならないわけです。逃げ切れると思われては困る。きっちり払わせてやろうと考えてます。あああめんどうだなぁ。

 

 こんなふうに、終わらないわけですよ。一回関わってしまうとずっと続くのです。結婚してしまうと縁は完全に切れることはない。どこか手の届かない海外へでも行ってしまえば別ですが、国内なら、引っ越しても後を追うこともできるのだそうです。年金分割とかもあるしねー。あの制度よくわからないのですが。向こうが手続きするとこちらにも勝手に書類が送られてくるそうで。やっぱ住所把握されてんのか?

音声版フォトショップ


また一歩コンピュータが進化したって感じですね。どーせこれもディープラーニング使ってんだろ?

アドビの開発者会議での技術プレビューみたいなものですかね。人が喋った内容を録音して文字に直して、切り貼りして、コンピュータに喋らせる。コピペだけでなく、自由な文章を喋らせることが可能なようです。

ジン氏は「20分程度の1つのスピーチがあれば、AudioBookのように取り扱って話者の話し方を取得することが可能で、あとはテキスト入力によって発言を修正できます」と答えています。


20分。そうですね。そこらのアニメから好きなキャラのセリフ部分を20分ぶん抜いてコンピュータに聞かせてやれば、特徴を覚えてあとはなんでも自由に喋らせることができる時代が来てしまういうわけです。声優さんヤバいな。もう必要なのは「いい声」だけなんでしょうか。失業しちゃう。

でもまだ感情を込めた演技とかはできないでしょ、って思うけど、それも時間の問題でしょうね。声質を抽出することが可能なら、抑揚を抽出することもきっとできるでしょう。好きな声で、好きなセリフを、好きな言い方で喋らせることができる。それたぶんエナジードリンクなんかよりずっと効くよねぇ。

それはそれとして、この技術が広まったら、たとえば「証拠としてICレコーダーで会話を録音しました」なんてのがあんまり意味なくなるわけですよね。まぁ写真や動画はとっくにそうなってますけども。いや、なんか、そういうのよりもっと悪用できそうだよなぁ。大統領の声で好きなこと言わせられるわけでしょ。これ世に出しちゃマズい技術なんじゃなかろうか。