すべての夢のたび。

旧「で、みちアキはどうするの?」

世界一お金持ってそうなゲイの人

「ゲイであることを誇りに思う」-アップルのクックCEO - Bloomberg


Appleのティム・クックCEOがゲイだというのはもうずっと前から噂になっていて、ぼくも知っておりました。ぼくは下衆野郎なので、そうなのかーどうなのかなージョブズとかどうなの?みたいな感想しか持っていませんでしたが。

なんで今このタイミングでカムアウトするの?って人がいますけど、今だからこそでしょう。新iPhoneを発表し、新iPadや5K iMacを発表し、一段落ついたところで、Apple Watchまではまだ間がある今。CEOが、まさか新iPhone発表の3日前にカムアウトしたりしないでしょ(笑)。

私は自分が活動家だとは思わないが、他の人の犠牲から自分がどれほど助けられてきたかに気付いた。そのため、もしアップルのCEOがゲイだという話を聞くことによって、自分自身を受け入れることに苦労している人が助けられ、孤独を感じている人が慰められるなら、私のプライバシーを犠牲にする価値があると考えた。


全体的に率直で良い文章だと思います。いや、ぼくごときが世界ナンバーワンブランドのCEOの書いたものを「良い」なんて評するのは明確ににおこがましいのですが。誠実さと、より良くあり続けようという意志の力を感じる。

ぼくは「ゲイであること」についての理解がものすごく低いです。同性が好きなんですよね、という程度のもので、それ以上のことには想像がおよばない。で、Appleといえばコンピュータ作ってる会社で、当然のように男性社会で、そしてハイレベルな会社だから当然のようにハイレベルな人材が集まってるんじゃないかと思うんです。もちろん技術的知的にハイレベルなことが人格的性的にも魅力的であることかっつーと必ずしもそうじゃないとも思うけど、でもそれらを兼ね備えてる人は上にいくほど多そうな気もする。

Apple社内、ゲイ的に誘惑多いんじゃないだろうか。どうなんですかCEO。どうなの(ジョニーとか)?

……というような下卑た目を向けるか、または無関心であるか。そのくらいしか、ぼくが取れる態度ってない気がします。これだからマイノリティは苦労が多いんだろう。すみませんね。

From The Roof Top

昔はCDとか買ったら歌詞カードを食い入るように覗き込んで歌詞覚えてたりしたものです。そのせいで昔の曲はいまだにふつうに歌えたりする。

でも最近はもうそういうこともしなくなってしまいました。歌詞は覚えられない。CD買ってきてもセットするのは1回切り。PCに取り込んだあとは仕舞ってしまう。それとか最初からダウンロード販売で買ったり。歌詞どころか曲名すらあやうい。このアルバムの確か何曲目だかに入ってたっけ……みたいな探し方になってる。

そんなで、曲名も覚えてなければどのアルバムに入ってたかも忘れた曲を探そうとしたのですけど、見つからない。攻殻の、菅野よう子の曲。あれれー?と思ってサントラをひたすら手動イントロ再生したけど出てこない。なんでなんだったっけ……。

で、イントロ再生やめてふつうに聞いてたらわかった。この曲途中からぜんぜん別の曲になってんじゃん、という。ぼくが好きなのは1:55〜です。途中から再生のurlにしたつもりだけどはてなブログ上ではうまく動かないみたい。



屋上より(スナイパーのテーマ)ってことはサイトーの曲なのか。かっこよすぎじゃろ。

残響のテロルのサントラ2も届きましたがまだリッピングしておりません。あすはやる。

引用記事

ライフハックっぽいエントリでした。

【2】人を大事にする
→最終的に全ては人に集約される(と思う)。人を無条件に信頼する(信用とはまた別)。絶対に人を裏切らない。人を第一に考える。

素敵な考え方ですよね。

【3】享楽的な欲求を満たす先に幸せは無い
→享楽的な欲求を追い求めても満たされる事はない。もっと高次な欲求を満たす事に努める。(ちなみに、この前読んだ本に、承認欲求を満たす事も享楽的だというような事が書いてあって、なるほどなと思った)

まーそうですよね。

【6】人は「よく生きる」ために生まれてきた
→人って何のために生きているんだろう?という問いに対しての回答は、ソクラテスの「よく生きる」が一番しっくりくる。ただ生きるんじゃなくて、「よく生きる」。少し言い換えると、「かっこよく生きる」。自分なりにかっこよく生きる方法というのはつねに探し続けたい。

そうありたいですよね。


とても意識高い。それでこれが誰のブログかっていうと、パクリ・盗用サイト、バイラルメディアであるBUZZNEWSの中の人のブログなんですね。あーた言ってることとやってること違くない……?

って思ったんですけど、

【9】物事の善し悪しは主観によって決まる
→たとえ、どんなにつらい事があっても、それを楽しいと思えるマインドがあればその物事は楽しいものに変わる。全ては自分の気持ち次第。そうであれば、全てを楽しくおもしろく考える。

あー。

【13】一生子供でいる(いたい)
→大人になれない病。ずっと子供みたいなバカな事をしていたいし、それで笑っていたい。「うんこ」できゃっきゃとはしゃげる人間でいる。

うあー。

【17】自分の人生は最高に楽しいし、これからさらにどんどん楽しくなる
→そう考えた方が、人生がより素敵になる。

なるほどなー。この辺なのかもなー。別に矛盾してないのかもなー、と思いました。


まぁパクリとパクラレのガチのケンカもぼくにはコンテンツです(パクラレの人もコンテンツとして出して来てるんだから特に問題もないでしょう)。行く末を楽しませていただきます。そんなわけでバイラルメディア(の中の人のエントリ)からの引用で一本記事を書いてみた。

少しだけ


突然だ。事故かなんかだろうか、と思ったら糖尿病だそうで。

10月16日に自身のブログで、糖尿病になったことを明かし「これは人生の休憩どころだな」などとつづっていた。


たった10日で人は死んでしまうんだなぁ。そうとう進行してるのに気付かなかったんでしょうか。毎年の健康診断とか意味があるんだなー。

秋元きつねさんは知り合いの知り合いで、その知り合いのバンドがライブやるのの対バンで出てたのを見たのが初めてでした。それからも何度か秋元さんのバンド(当時の名前はHz)を見に行ったりCD買って聞いてたりしました。一度くらい挨拶したこともあったかもしれません。

ふだん芸能人・有名人の死去のニュースがあるとTwitterに追悼があふれるのをなんとなく違和感を持って見ていて、じぶんはそういうのに関わるまい、と思っていました。というかじっさい、そういうことを言いたくなる気持ちも沸かないので言い様もないのですが。

今回はさすがにね、すこし思うところある。でも親しかったわけでもないから悲しいという気持ちはほとんどないんだけど、やりかけの仕事が山ほどあって気がかりだったろうなぁ、と思います。いつ、これはもうダメだと思ったんだろう。それともそんなこと思う間もなく死んでしまったんでしょうか。

これからも特に変わらず秋元きつねさんの曲をぼくは聞くでしょうけど、もう新しい曲が増えないのだということを思うと少し残念です。


金で幸福は買えるけどみんななんでそうしないの?

「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版)

「幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版)

  • 作者: エリザベス・ダン,マイケル・ノートン,古川奈々子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2014/02/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

「たった5ドルの使い方」で幸福は変わる

「ある程度以上のお金を持っていても、幸福にならない」――多くの研究がそう結論付けている。 しかし、「使いかた」を変えたら?
NHK“幸福学"白熱教室やTEDで話題となったハーバード大ビジネススクールのマーケティング専門家マイケル・ノートン博士とカナダ・ブリティッシュコロンビア大学の心理学者エリザベス・ダン博士が解き明かす「幸せをお金で買う」新しい方法。

著者のエリザベス・ダン博士はNHK「幸福学白熱教室」に出演するなど、幸福をテーマにした研究で注目されている。マイケル・ノートン博士はTEDに出演。150万ビューワー数を獲得した注目される若手研究者の一人。


Kindleが半額セールやってて、なんか面白そうな本ないかなーと思ってだらだらページめくりしてるときに見つけた本。その時は500円台でした。

要はお金のつかいかたの本です。何にどのようにお金を使ったほうが満足感・幸福感が得られるのかという。本の最初で正解をすべて掲示してしまい、本の残りはその説明・裏付け・実践方法が書かれてます。

んでその「5つの授業」ですが以下の通り。

  1. 経験を買う
  2. ご褒美にする
  3. 時間を買う
  4. 先に支払って、あとで消費する
  5. 他人に投資する

2,3,4は多少の説明がいるので飛ばしますね。1と5の話をします。

1と5は見てすぐわかりますよね。幸福になりたかったら、モノよりもコト、自分よりも他人に金を使え、とこの本ではいうのです。これらは科学的調査の結果であり、端的に事実だというわけです。

でもこれらは明らかに直感に反します。あらためて言うまでもなく、ぼくらは自分のためにお金を使います。そして、遊んで使っちゃうより何か残るものを買ったほうがいい、と思ってる。

おかしな話です。この食い違いはなぜ起こるんでしょうね。ぼくの興味はそこに向けられています(幸福度の上がるお金の使い方はもちろん別途実践しますが)。

5について。多くの動物は利他的です。身を挺して仲間を守ったりする。そのほうが遺伝子がどうとかでよく説明されてますが。他人のためにお金を使ったほうが幸福になれる。これも、動物としての人間の本能がそう感じさせているんでしょうか?

どうですかね? ぼくは怪しいんじゃないかと思ってます。ほんとは本能は「自分のため」で、「人のため」に何かをして満足を得るってのは、なにか道徳的・宗教的な教育の成果、だったりするんじゃないでしょうか。だって、「人のため」が本能だったらわざわざ道徳・宗教で利他を説かなくてもいいのでは? やっぱりニーチェの言うことがあってるんでは? 他の動物がそうだからといって人間もそうとは限らないのでは?

とか考えるんだけど実際はわかんないですねー。それが本能に沿っているからキモチイイのか、調教の成果として目覚めた結果キモチイイのか、ぼくにはわかりません。ですがまぁ、そっちがわに現にキモチイイという事実があるのは確かっぽいので、これはこれで別に考えるとして、授業の内容を頭に容れてそのようにしてみようとは思います。

気球で宇宙へ


少し前に高高度からのスカイダイビングの新記録樹立のニュースは見たんですけど、あっさり破られてしまったみたいです。グーグル上級役員かー。お金の力ってすごい。

史上最高の高度3万8000mから「超音速」スカイダイビングに成功!!3つの世界記録を達成!! | コモンポスト

傑作なのは、3.8万Kmからダイブしたフェリックス・バウムガルトナー氏は、気球に吊り下げられたカプセルの中に入って上空まで行ったのに対して、今回のアラン・ユースタス氏は文字通り気球に吊り下げられて上がっていってることです。映像見るとかなりウケる。宇宙服みたいなやつの背中、腰のあたりにヒモくっついてて、吊りさげられてぐんぐん上昇してく(笑)。風船おじさん。もしくはUFOキャッチャー。いいのかこんな簡単で。そのうちエアマットのいかだで無人島目指した大学生のノリで宇宙行っちゃう人が出てきそう。

それにしてもこれってもしかして、宇宙旅行的なものって、思ってたより安くできるかも?ってことじゃないですかね。25万ドルも運賃払って数分の弾道飛行するより、こっちのほうがなんかダイレクト感あるような気がします。

吹き飛ばされた人にも人生はあったのだ


これ確実に人が死ぬ瞬間が撮影されてるはずの動画なんだけど、オーバーキルすぎてよくわからないですね。見ても平気です。ただすごい爆発が映ってるだけです。

旗を立てただけの丘をそのとたんに爆撃って、戦略的にはそんなことする必要ぜんぜんないんで、示威的行動ですよね。旗とか立てるとこうだからね。お前らなんかこうだからね。参加するとこうだからね。って感じの。

でもこれ、象徴的な感じがします。イスラム国と米国のリアルな戦力比ってこんなもんじゃないですかね。米軍がマジになったらそれこそ一瞬。ただまだそこまでやるほど世間の空気が醸成してないとか、うまくやらないと反対派がうるさいとか、それでまだ手を出さないんだと思ってます。まだ、やっちまえ、みたいな空気じゃない。やがてはこの動画見ても何も感じないように、ISISの兵士が何百人死にました、ってニュースもふーんって聞き流せるようになるのかもしれませんが。

195: サッカーボールキック(空)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:40:37.11 ID:htESFt0a0.net
コレが本当の死亡フラグか。

まさに(笑)。