読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

なぜ死刑はいけないのか?


ぼくは死刑賛成派です。むかしは反対派だった時期があったように思います。たぶんこの日記の過去記事を漁れば死刑がダメな理由とか書いてるんじゃなかろうか。おそらくまとめのタイトルにもあるように、冤罪の可能性を軸にした主張をしてるような気がします。


さて、まとめのほう。死刑賛成派主導のスレになってんのかと思って読んだら、ひとり活きのいい死刑反対派がハイ論破論破〜!って頑張ってた。彼は「仮釈放無しの終身刑じゃなくて死刑でなくてはいけない理由を示せ。示せない? 論破!」みたいなロジックなんですけど、彼自身逆に死刑じゃなくて仮釈放無しの終身刑でなくてはいけない理由を示してないので、ダメだなこいつと思いました。

ぼくが死刑賛成派な理由はシンプルで、そういう「仮釈放無しの終身刑」の人間を生かしておくコストが無駄と考えるからです。なので、国民全員に死刑賛成か反対かアンケートを取って、仮釈放無しの終身刑の人間が老衰やら病気やらで死ぬまでの管理費用は反対派だけで負担する、というのなら、死刑は廃止でも構わないです。どのくらいになるんだろ。賛成反対の割合と死刑囚の人数と平均年齢・余命からだいたい算出できそうですね。たいした金額でもないような気もします。しかし負担したくないものはしたくないわけです。


冤罪の可能性については、考えが変わりました。冤罪は起こるかもしれないけど、それもコスト見合いかなと。限りなく冤罪をなくすような仕組みは構築できるかもしれないけど、おそらくものすごくお金が掛かる。そこまでしなくても、現在でも、99%以上の死刑囚は実際に死に値する罪を犯しているわけです。なら、1%未満の誤りは、受け入れようと。警察やら検察やらがそのミスを酷い方法で隠蔽したがることも含めて受け入れようと、そう思うようになったんでした。ほとんどの人は、自分の仕事をちゃんとしてるよ。そっちを信頼したい。

そう言うとたぶん、反対派の人たちのお決まりの反論が想定できるわけです。「もし自分が冤罪で死刑になったらどうするんだ。その可能性に思い至らないとは想像力が不足している」と。考えてますって。ぼくは自分が冤罪で死刑判決を下されたら、受け入れますよ。そんなのあたりまえでしょう、死刑賛成を主張しているんだから。すると反対派はおそらくこう言う。そんなの嘘だ。あり得ない。口だけだ。ならないと思ってるから言えるんだ、みたいなね。ぼくはほんとうに死刑でもいいと思ってるのに。どうやってもこの先は噛み合わないだろうから、ここで議論は終わるでしょう。

昔の自分は自分か


うーん、読んだけどイマイチだったな。調査手法が雑なのと、例によって英語からの翻訳がまた適当なんじゃないか?っていう疑いの両方がある感。

研究はイギリス心理学会によって63年前に開始されたもの。1950年、研究者らはスコットランドに住む14歳の少年少女1208人に自分の性格についてのアンケートを取りました。アンケートは自信・根気・気分の安定性・独創性・誠実さ・学習意欲という6つの要素が評価されるもので、これら6つの要素は最終的に「信頼性」の評価を作りだすものと考えられています。

そして当時の被験者らが77歳になった際に、再びアンケートを実施。1208人の被験者のうち、居所を特定できたのは635人で、そのうち174人がアンケートに参加することに同意したとのこと。

174人の被験者らは1950年当時に行われたアンケートと同じ質問に回答するとともに、被験者らの家族や友人にも被験者に関する同様のアンケートが取られました。すると、63年前に実施されたアンケート結果と重複する部分がほとんどないことが判明。


63年という超長期に渡った研究であるところは素直にすごいと思います。でも「わずか6つの要素」の「主観的判定」で「性格がぜんぜん違う!」と結論づけられるものでしょうかねぇ。なんかきちんと試験して客観的なデータを得たんならともかく。

それに6つの要素に「重複する部分がほとんどない」なら逆に関係性があると言える気もします。たとえば「自信」がABCDEのAだった人たちみんながBCDEのいずれかになってるとしたら、それは無関係とは言えないのではないか。ほんとうに無関係なら一定の割合の人はAのまま変わらないんじゃないでしょうか。ほんとうに昔のアンケート結果と「重複する部分がほとんどない」なら、そのことから逆に昔の性格を推測できそうな気もします。それができるなら関係性がないとは言えない。


というか、最大の問題は、「性格が変わったらそれは同じ人間とは言えないのではないか」って仮定に無理がある、ってことですね。「私」は「私の性格」ではありませんので。およそ「私の○○」という形で語ることが可能な○○は、私そのものとは関係ありません。私の腕がもげようと私は私ですし、性格が別物になろうが同じです。子供のころに自我を得て以来、ずっと一貫して存在している「私」としか言えない何かを、多くの人は持っているんじゃないかとぼくは想像しています(ぼくは他の人の「私」に触れることはできないので、想像に過ぎませんが)。

ただ、昔の自分については現在からふり返ることしかできません。確かそうだった、そうだったはず、という記憶だけが頼りです。もしかしたらその記憶は実際の昔の自分とはかけ離れたものである、という可能性はあります。その意味で「私の記憶」だけは「私」の生成に無関係ではない。他の「私の○○」とは違う位置にあるような気はします。

法事

まだだいぶ先ですけど、3月に法事あるから秋田行くか?みたいな電話が少し前に母からあって。

前回の法事(母方祖父の33回忌)は行ったのです。何年か前。夜行バスで行って朝着いて、法事出て、母とか父とかはそのまま帰るのですがぼくは一泊して秋田市内観光して、翌日新幹線で帰る、みたいな。

また法事よって電話来て、行くよって返事したものの、そもそも誰の法事なんだっけみたいな。祖父は33回忌でさすがにひとくぎりついてるはずで、祖母のだろうか。

そして行くよって返事したものの。返事したものの、後から母からまた電話があって、うちは行けないからと。はぁあ? 最近父親が前立腺ガンになったらしくって、その放射線治療中なんで、父は行けず、母も行けないと。ぼくだけかよ(笑)。前回の法事では、あー「母」の息子かー!ってことでそこそこの認知を得ていたんですけど、ぼくひとりで行ったらきっと親戚中近所の人中から「誰お前……」状態なんじゃないですかねぇ。危惧するものであります。

まぁ、いい。行くなら行くでなんか楽しいことをスケジューリングしないとね、ってことで、すでに秋田駅近辺の飲み屋を見繕っている最中です。あと、せっかく羽田に引っ越したので、行きは到着時間の関係で夜行バスだけど、帰りは飛行機を予約しました。一泊して市内観光して、夜の飛行機で帰るスケジュール。そのまま、すなおに、羽田から京急で帰っても面白くないよねぇ……。歩いて帰れないのかな?って、徒歩ルートを検索中です。5Kmくらいのはずだから歩ける。夜中の、滑走路下を通るトンネルとかめっちゃ怖そうではあるんだけど。

銭湯行ってきた


引越してきたころから存在は把握してたんですが、初めて行ってきました。うちから徒歩数分、行く途中で道路の向かう先に羽田空港の灯りが見える。

番台じゃなくてフロントで、おばさまに460円を払いました。珍しくも電子マネー対応らしい。次回は使おう、明細に銭湯の名前が出るのかもしれない。脱衣所は狭くも広くもなくふつう。なんと月200円貸しのロッカーがありますが、たぶん全部埋まってた。ロッカーは無料(100円戻ってくるとかじゃなくてただの鍵)、脱衣カゴもあります。

浴室は若干古い感じはあるものの明るく清潔です。富士山じゃなくてアルプスっぽい絵でした。水槽があっておっきな金魚数匹とさらにおおきな謎の黒い魚1匹がいました。お風呂はやや狭め、というか、ふつうはどーんと浴槽1個とか1個大きいのあって1個小さいのあるようなところ、4つくらいに区切ってるからです。薬湯と、ジェットバスと、下から泡出るやつと、電気風呂。薬湯は熱ッ!って感じだったので入りませんでした。電気風呂、初めてだったんですけど手ぇ突っ込んだだけでビビビビビビってすごいキちゃってて、あっこれ無理、と思って今回は止めました。他の2つに入った。あとサウナがあります、追加料金なし。水風呂はないけどシャワーがあります。

日曜も遅めの時間に行ったのでそんなに人は来てませんでしたね。数人。でもお年を召したかたばかりでなく、若い人とか高校生くらいの子も来てた。脱衣所に牛乳とかあったら飲んだんですけどねー、そういうのはなかった。マッサージ機はありましたが。ロビーでは飲みものもいろいろ売ってますけど、ここで休憩するとなるとフロントのおばさまと相対することになる。次回はチャレンジしてみようと思います。帰宅してからビールを飲みました。


入船湯。地図見るとわかりますが、ほんと東京の端っこにある銭湯です。もしかしたら都内で一番南にある銭湯かも? ……と思って調べたら町田市にもっと南の銭湯があるらしい。まぁ町田が東京だとしたらですが。羽田空港から1番2番に近い銭湯です。

あと、多摩サイ、多摩川サイクリングロード左岸終点から一番近い銭湯です。ぼくの部屋も多摩サイ目の前なので、冬が終わったら多摩サイ沿いに座ってロードの人やジョギングの人にシャワー貸します(ついでにビールいかがすか)みたいな石売りますみたいな無能の人みたいな商売でもできるのでは……?と思ってたんですけど、どう考えてもふつうに銭湯のほうがいいですよね。入船湯お薦めです。HPはちょっとユニークですけどね。

ポケモンGO アップデート


ようやく大きめのアップデートが来ました。このゲームで一番楽しい「新しいポケモンを捕まえる」というところが長らく放置されていたんですが、追加ポケモン80種。みんなやることなくなってきて盛り下がり気味だったので、タイミングとしては悪くないと思います。

ポケモンぜんぜん詳しくないので、追加のやつ捕まえて新種新種!と浮かれている一方で、既存ポケモンに「えっお前って進化とかする人だったの……!」みたいな衝撃もあったりして、なかなか楽しいです。あとアイテムないと進化できないってやつも出てきたりして、このくらいの運要素もいいんじゃないかなぁと。

きっとまたお台場あたりは大変なことになるんだろうけど、ぼくはのんびりいこうと思います。まだまだふつうにその辺歩いてるだけで、あっ新種!みたいになりますしね。そういう喜びをしみじみ享受していこうかと。これから暖かくなってくるし、歩き回るのにいい機会ですよね。

その他の追加要素としては、ボール投げようとすると動き回るポケモンとか出てきてちょっと捕まえにくくなったとか、それをおとなしくさせる実が出たとか、アメが多く出る実が出たとか。BGMも追加されたようですが普段オフなのでわからない。あ、ボール一発で捕まえると経験値が多く入るようになりましたね。これ地味にいい。全体的な取得経験値量を増やすのは、レベルキャップ開放の前触れだったりして。

あーあとトレーナー、自キャラの着替えのバリエーションが課金付きでいっぱい出ましたね。これやばい。しあわせタマゴやらふかそうちやらに使うべきポケコインを、特に効果のない服に使ってしまうのです。こういうのはやっぱり女性キャラのほうが楽しいですよね。スカートも加わってオーバーニーソックスと組み合わせて絶対領域も再現できるようになりました。趣味全開。しかし男性キャラのSSとかうpされてるの見ると「どこの園児だよ」みたいのが多いので、これでいいのだと思います。また課金しなきゃ。

ヒューマンギアー ゴーバイト


Amazonに最近Launchpadストアってのできて、スタートアップが作るちょっといい感じのアイテム置いてます、みたいなふうになってんですよ。で、そこ眺めてたら、このGoBitesってのがあった。

要はキャンプ用のカトラリーですね。GoBites UNOはスプーンの反対側にフォークが付いたデザイン、DUOはスプーンとフォークのセット、TRIOはさらにそこにナイフが付いたセットになってます。TRIOはケース付きで、ナイフには栓抜きが組み込まれ、ナイフ・フォーク・スプーンの他につまようじまで付いてる。

で、こういうのってプロモビデオがうまいんですよね。ぼくもできたらミニマルな生活がいいと思ってるので、家のカトラリーはこのキャンプ用のが1セット(+箸が)あればそれで済むんじゃないかなぁって思ったんです。PV見ると無茶苦茶丈夫そうですし。すぐそういうのに引っかかるんですよね。

それでTRIOの青を注文しました。なんというか、CPが良かったからです。要するに安かった。UNOやDUOより安かったんです。


humangear(ヒューマンギア) カトラリー ゴーバイト TRIO ブルー 1899064

humangear(ヒューマンギア) カトラリー ゴーバイト TRIO ブルー 1899064



そしてこれのスプーンでカレーメシを食べました。洗いました。乾かしました。変色してる(笑)。

青。そこにカレーメシのイエロー。スプーンの先端は緑色になりました。まだ使ってないフォークの色と較べても、超緑。目の錯覚じゃなかった。

でもカレーってキャンプの定番じゃありません? 日本だけ? 洗剤でお湯でよく洗ったつもりなんですけど、緑色ですねぇ。一回一回漂白しないといけないとかでしょうか。それとも使う前に和食器みたいに目止めをしなくちゃだめだった?

これの黒い色のバージョンもあったんですよね。価格が倍以上してましたが。プラスチック製スプーンでカレー食うって発想がそもそも誤りですか? カレーってすげえな……って思わされたできごとでした。

これがガン=カタです


映画『リベリオン』のクライマックス、主人公がラスボスを倒しに行くシーンです。主人公はガン=カタという武術を使ってます。

ガン=カタ - Wikipedia

名前の意味は「ガン(銃)」と日本武術の「カタ(型)」の組み合わせ。劇中では主に二挺拳銃を使用し、超近接戦闘に持ち込む事で、多数の敵を短時間で倒す戦闘技法として描写される。考案したのは『リベリオン』の監督であるカート・ウィマーと、殺陣を担当したジム・ヴィッカース。日本語字幕では「銃の形」に「ガン=カタ」とルビが振られている。

ガン=カタはマスターすれば、飛躍的に戦闘力が上がる事とされているが、基礎の動きをマスターするだけでも攻撃力は少なくとも120%上昇、一撃必殺の技量も63%上昇する。さらに習熟した「第1級クラリック」になれば、その戦闘能力は計り知れないものになるという。

あれ。ガン=カタの入門書を読んだだけで戦闘力が数十%上昇するって聞いたような(笑)。気のせいだったかも。魔法少女まどか☆マギカの、劇場版叛逆の物語のほむらとマミの戦闘シーンもこれのオマージュだって言われてますね。あのシーン好きでBDで何回も見た。キングスマンやジョンウィックもそうかなぁ。


それでまぁ、このシーンがこの映画で一番おいしいところなわけですよ。でも『リベリオン』良いから見てね、って言っても99%の人は一生見ないと思うんですよね。じゃあもう、見るかもしれない1%の人を犠牲にしても、ネタバレしちまっても、多数の人がいいシーンだけ見ることで全体の幸福度は上昇するんじゃね?みたいな考えもあるわけですよ。もしかしたら、もしかしたら一生のうちには見るかもしれないのにネタバレされてムカついた!って人を不幸にするかもしれないけど、まぁそれもささやかなマイナスであってトータルは絶対プラスなんじゃないかなぁと。