すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

酒の機能


酒を大量にオークションとかで売ると酒税法違反で捕まるのだそうです。余ったのを処分とかならいいけど、転売目的で大量購入して売るとかそういうのは無免許でやってはいけないと。知らなかった。

「販売終了希少品」「休売 コレクション放出」。こんなタイトルでウイスキーの写真がズラリと並ぶ。響17年は5〜10万円ぐらい、白州12年は3〜5万ぐらい。販売休止が2018年5月15日に報じられ、ヤフーオークションの落札価格やメルカリの販売価格は、翌16日昼過ぎ現在で、こんな値を付けていた。


たっか。ボトル5万のウイスキー買ってどんなふうに飲むんだろうなぁ。いいことあった時に飲もうとか思って飲み切る前に死ぬのが関の山ではないのでしょうか。ぼくもそれ飲んではみたいけど自分で買うやつじゃなくてバーで頼むやつだと思うぞ。ちょっとでいい。

あ、その響17年を小瓶に分けて売ったらボトルで売るより儲かるのでは……って思ったけどきっと捕まる(笑)。ていうかそれが通るなら中身別のブラウンの液体詰めて売っても大丈夫かも。さすがにブラックニッカじゃバレるだろうけど。

酒は主機能として「味」「酔い」の2つを持ってるからややこしいんですね。ぼくはほぼ後者しか求めてないからなぁ。クソ不味くなければよい。クソ不味い酒というのは実際に売っててそれは避けてます。ブラックニッカより安い某社のあれとか合成清酒とかですね。

でももしかしたら機能として、旨いとか酔えるとかよりもっと高次のものがあるのかも知れないですね。例えば響17年をいいことあった時に飲もうと決めてると、飲んだ時に前回や前々回に飲んだ時のことを思い出したり、次はいつ飲むのかなって考えたり。あるかも知れない。まぁでもそれもうすでにぜんぜん酒の機能じゃなくなってる気もしますが。

記憶の移植


読んだけど、これ記憶の移植じゃないんじゃないですかねー。

研究チームはジャンボアメフラシを複数体用意し、「刺激を与えるグループ」と「刺激を与えないグループ」に分けた後、刺激を与えるグループのアメフラシの尾に定期的に刺激を与えるようにしました。このグループのアメフラシは当初、一度の刺激で数秒間程度しか防御姿勢を取らなかったようですが、刺激を与え続けた結果、一度刺激を与えただけで約50秒間にもわたって防御姿勢を取り続けるようになったと報告されています。

次に研究チームは、防御姿勢を取るようになったアメフラシからRNAを採取。そして、刺激を与えないグループのアメフラシの首にRNAを注入しました。すると、RNAが注入されたアメフラシは、これまで一度も刺激を受けたことがないにもかかわらず、刺激が与えられただけで40秒間防御姿勢を取ることが確認されており、RNAの移植により記憶が移植されるということが実験によって示されました。


これは遺伝、獲得形質の遺伝のようなものなんじゃないでしょうか(獲得形質の遺伝があるのかどうかはともかく(笑))。もしくは進化とか。このアメフラシの子孫も多分同じような行動を取るんじゃないですかね。

って考えると実はそのあたりの概念ってすごくあやふやなんじゃないかって気もしてきました。「体が覚える」というのはほんとに脳ではなく体が覚えてたりして。

あと思ったけど「刺激を与えると防御姿勢を取る」って、そもそも行動として当然すぎて実験に適してない感じがしませんか。記憶したのではなく、本能が強化されただけなんじゃないかみたいな。もっとこう複雑な……ってアメフラシになんかそういう難しいことができる気もしない。迷路の分かれ道の先にアメフラシの好きな海藻と嫌いなそれ置いといてどっちがどっちか覚えさせるとか?

このあとマウスでもRNAで同じ実験をやるらしいです。そこでほんとに記憶が移植されたらまた考えます。

ロボ犬売るらしい


ソニーのよりこっちが欲しいですねぇ。まずは限定100匹。価格は未発表。今までのモデルの1/10くらいになるはず?で、量産されればもっと安くできるだろうとのこと。



犬かって言われるとまぁ犬じゃないのですが、四足の生物ではありますね。体かがめてグッとこちらを覗き込むところなんかすごい。でも顔がない目がない。ちょっとだいぶ不気味ですね。



こっちの、鳥みたいに長い首が付いたモデルもいいですね。実際のところは首じゃなくてアームなんですが。

これにリード付けて多摩川土手を散歩したいですね。ほんとはリードなんていらないでしょうが。やることも特にない。そもそも散歩させる必要もないし。買い物袋でも運ばせるくらいしか思いつかない。いや、こいつだったらセブンイレブンまで自分で行って自分でカゴに品物入れて会計して帰ってくるぐらいはできるかもしれないな……。

お金持ちのユーチューバーの人とかの買ってみた動画が出てくるのを期待します。限定100匹なら頑張れば買えるだろう。

タイムマシンはできるのか


タイムマシン無理やんな?って思うのは、過去に戻ったらぼくが2人になるからな?っていうことなんですけど。一般にいう素朴な話ではなく、これ物理的に同一の物質が世界に2つ存在するのっておかしくない?って話です。

前も書いたんですけど。ここにタイムマシンと金庫がある。金庫に100万入れて1時間待つ。タイムマシンで1分戻る。1時間の間誰も金庫から100万円を取り出していないのだから金庫の中には100万円があるはず。それ取る。また1分戻る。金庫から100万取る……を繰り返していくと労せずして100万円が60倍になるのでは?

というかこれが可能ならエネルギー問題も解決です。

でも1分戻るのを30秒戻ることにしたら100万円が120倍になるのでは……?って考えて実行すると、金庫から金取り終わらないうちに次のやつがタイムトラベルしてきて時空衝突して消滅したりする気もしますので、無限にお金が儲かるというわけではない気もします。

これでタイムマシン無理とする論拠の弱いところは、そうなりそうもないですよね?って訴えにかかってるところです。いや、単にそうなるんじゃね?増えるんじゃね?って感じる人を説得できない気はする(しかしエネルギー保存の法則は破れていそうなんだが……)。

未来へ行くタイムマシンだとこれと逆のことが起こるのか。100年後に行くとすると、100年の間ある物質が世界から消え去るわけです。これも法則に反してる気がしますね。しかし未来に行くなら寝てても同じなわけで、過去へ行くのとは本質的になんか違いがあるような気はします。

いやでもよく考えたら金庫に金入れて1分後にはタイムマシンが現れて金取ってっちゃうのか? そこの問題は解決してない気がしてきました。世界線が別になるのかな(安易)。

カロリー

ダイエットしているつもりではいるんですけど、最近もう体重は減らなくなってきましたね。

平日は、朝は食べない。昼はサンドイッチ。夜は酒とつまみ、みたいな感じです。土日は朝から晩まで酒とつまみですね。土日がコントロールできてなくてだめなんだろうなとは思います。

平日の食事量はけっこう低いレベルで、多分食べ物だけだと1000kcalくらいなんじゃないだろうかと思います。そんなの続けてたらギュンギュン痩せるはずなんで、痩せないのは、やっぱ酒か!と思うわけです。酒それは炭水化物。ぼくにとってはご飯かパンみたいな栄養源になってしまってるんじゃないですかね。よくわからないですが。

たぶん日本酒ならいちにちだらだら飲んでられる気がするのですが、普段飲んでるのはウイスキーなので途中で眠くなって寝る感じです。

しかしこれで体は大丈夫なのかというとかなり怪しいのではないかと思ってます。実際のところ去年の健康診断で肝臓系の数値はレッドとイエローの境目ぐらいだったのです。それを見てそれ以降も特にセーブしないで飲みまくってるわけで、まぁ自覚症状は特にないですが、今年の健康診断はきっともうヤバいことになってんじゃねえかなぁと思うわけです。お前もうダメと言われたら止めるつもりではいますが。次の依存先を探しておかないといけないですね。

避けられない話題


肝臓の働きを超助ける酵素が見つかったらしい。ネズミで実験したらすごい効いたって。

しかし思うのですが、二日酔いの影響が消えるクスリができたらみんな余計酒飲むようになるだけじゃないんですかね。二日酔いになるのと、酒飲むとすぐ気持ち悪くなるのって別ですよね。いままでお酒飲めなかった人が飲めるようになって、ああ酒って面白いなぁ……ってふうになるわけではなさそうだし。あまりよくない?

個人的にはじつはどうでもいいというか。ぼくが一番ひどい二日酔いになったのは会社入って新人歓迎会の翌日の土曜日です。あれはひどかった。深夜になぜか家まで十数キロの道を「歩こう!」と思って(タクシーの中で吐くとすごい金掛かるという知識があったらしい)、途中で寝たりしながらなんとか朝には帰って、その日一日気持ち悪くて布団とトイレ(吐く)往復してたような。

でもそういうひどいのにはそれ以来なったことないですね。「気持ち悪い」ということがまず起こらない。起きて頭痛いというのは時々あります。そういうのはバファリンでなんとかなる。それより最近は、起きると、ただまだアルコールが残ってるだけ、という状態です。朝起きると、あっまだ自分酔っ払ってますね???というのがわかる。それでどうするのかというと、そのまま出社ですね。まぁ午前中をしのげればアルコールは抜けます。午前中はふつうの人のフリをして過ごす。気づかれてるのかそうでないのかはまぁアルコール残ってるような人にはわからないですね……。

なんでそういう体質になったんですかね、って考えてるんですけど、すでに肝臓の能力が落ちててアルコールを分解する力がないだけだったりしたら嫌だなぁ。

Siriは頭が悪い


これはまぁ当然だとは思うんですけどね。

各音声アシスタントの正答率はこんな感じだそうです。

Stone Templeは4492問の質問を各音声アシスタントに回答させた。その結果、トップはグーグルのスマートフォン向け音声アシスタントで正答率は74.6%。2位がコルタナで59.5%、3位がグーグルのホーム・アシスタントで58%、4位がアレクサで44.3%。そして最下位のSiriは正答率が3分の1にも満たない32.7%だった。


グーグルが強く、次がMSで、アレクサはちょっとダメで、SIriはさらにダメ。これは何かというと、検索エンジンを持ってるかどうか、に過ぎない話だと思うんです。まぁGoogleは言わずもがなですが、MicrosoftだってBingを持ってる。Amazonがそこそこなのは、たぶんストアの商品検索で結構ノウハウがあるからじゃないでしょうか。むしろAppleがいったいどうやってSiriが質問に答えられるようにしてんのか気になる。こっそり裏でGoogleのAPI呼んでDB構築してるんじゃないのか(笑)。

なので今後もSIriが賢くなる望みは薄い、ちょう薄いです。ふつうにGoogleと提携して、検索は裏でそっちでやってユーザインタフェースだけSiriで、ってやればいいんじゃないですかね。Appleはそのへんは得意そうですから。

しかしGoogle Homeよりスマホアプリのほうが正答率高いのどうなってんの。これはよくわかりません。スマホアプリのほうがマイクが近い分音声の聞き取りに強いとか? そんな理由でここまで差は出ないか。