すべての夢のたび。

旧「で、みちアキはどうするの?」

風邪なおり

一晩寝たら治りましたよ。簡単な身体だな。熱が退いて、体がどんどん軽くなってくるのがわかる。あの感じはとてもいいですね。それを味わうためにまた調子悪くなりたいとまでは思わないけれど、とてもいい。力がみなぎってくる感じ。

そして失ったヒットポイントを回復するためと称して甘いモノを食べまくり。チョコパイ、アイスクリーム、フレンチトースト。補いすぎではないか。まぁたまにはいいのでは。


ところで選挙ですね。わが千代田区は今話題の候補がいます。

getnews.jp

貼らずにはいられない

michiaki yamanakaさん(@michiaki)が投稿した写真 -


後藤輝樹候補。いつも妙なポスターで楽しませていただいてますが、今回は思い切ったな(笑)。なかなかのイケメンだと思うんですがなにやってんだ。お住まいは靖国神社の裏辺り(九段北)らしい。おしごとは自営業らしい。なんで何回も選挙に出られるんだろう。ポスターもきっちり作ってどこの掲示板見ても貼ってあるしね。謎だ。Twitterとかやってないのかな。

風邪ひき

年に1度は必ず風邪をひくのですが今年もやってきました。春か秋、要するに季節の変わり目にひくのです。

木曜くらいからなんか調子悪いやねーと思ってたんですが金曜午後になって悪化。会社抜けてドラッグストア行って薬買ってきて飲んで、それで今日はもう1日ダウン状態でした。食事兼ねて1回飲み屋行ったくらいで戻ってきた(酒っていけないんでしたっけ?)。

熱と鼻水、そしてくしゃみと咳。めっちゃ体力奪われてて部屋の中の移動も結構しんどい感じ。明日1日おとなしくしてたら治るだろうか。月曜にまで持ち越すとちょっとまずいんですがね。


ところでこんなネタが。

笑うと世界が違って見える。脳研究で判明 : ギズモード・ジャパン

表情は感情の結果ではない、原因だ。

…と唱えたのは19世紀アメリカの偉大な心理学者ウィリアムズ・ジェームズです。いいことがあると人は笑う。笑うことで喜びを感じる。いいことと喜びの間には笑顔という身体性のワンクッションがあって、これはリバースもできる、という考え方。

NYMagがこの考えを裏付ける最近の研究を紹介していて、へ~!となりましたよ。


笑え、ってぼくら教わりますよね。いろんなところで。そんなつまんなそうな顔してっと運が逃げるぞとか言われる。それらはただの言い伝えではなくほんとにそうだという。ぼくらは楽しいから笑うのではなく笑うから楽しいのです。

まずビックリしたのが、シワ取りボトックス注射で顔の筋肉が硬くなった女性は、脳内の感情の動きまであまり活発じゃなくなる、という研究です。


こりゃ女性は注意ですね。どのくらいの人がボトックス注射してるのかは知りませんけど。

病は気からとも言うし、よくなったつもりで過ごしたら治りますかね。明日はさすがにちょっと外出しないといけないのでまたもらってこないように気をつけないと。

日本軍ついにロボット配備

netallica.yahoo.co.jp


とりあえず写真のインパクトがヤバいですねこれ。

f:id:michiaki:20150418040838j:plain


画像だけが説明なしでどんどん海外に出回って欲しいと思います。

f:id:michiaki:20150418040845j:plain:w480

「イヤーッ!」「グワーッ!」

http://www.nicovideo.jp/watch/1429172532


あやしい忍殺語でおなじみニンジャスレイヤーのアニメ第一話が本日ニコニコ動画で配信されました。制作は『キルラキル』のトリガー。

ぼくはこれは春アニメのひとつだと思ってまして、へーネット配信なのかーなんでTVでやらんのだろーと考えてたんですが、見てなんとなく理解しました。なんだこれは。雑コラならぬ雑FLASHアニメか! さすがにこれをTVで流すには時代がまだ早すぎるかもしれん。

配信後のアンケートでも割と散々な結果でしたね。ぼくは結構好きです。原作にあった手法って言える気もしますし、なによりもあれら特殊な言語世界がプロ声優の手にかかりきっちり音声化されていたことが実際すごい。ラジオドラマとして聞いても実際いいのでは……(いや絵も見ろよ)。


OPは(曲のおかげで)ふつうに良いですよね。この素敵な歌はブンブンサテライツの『BACK IN BLACK』です。iTunesで買えます。

BACK IN BLACK

BACK IN BLACK

  • BOOM BOOM SATELLITES
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Apple Watch向けのアプリが思いつかない

随時更新! Apple Watchに対応するアプリまとめ : ギズモード・ジャパン


どうも。今日も会社で「なんでLINEやってないの?」と不思議そうに質問されました。情報漏洩がどうこう言ったらなるほどねーという顔をされました(けどたぶん納得してない)。電車遅れたんで遅刻しますとか部長にLINEで送っても平気らしいなうちの会社。


LINEがApple Watch対応!ということで話題になりましたけどこれだめなんじゃないのかな。あれは多分左と右の往復が面白いんであって、Apple Watchのちいさなスクリーンにスタンプ1枚表示されてもそれはただのスタンプ1枚だろう、という気がする。テキスト入力もできないようだし、結局iPhone取り出すことになるのでは。

対するTwitterはどうなのかというと、こちらは音声認識でテキスト入力をサポートするらしい。子供の頃に夢見た時計に向けて喋るマンだよ……。ツイートする分にはいいけどタイムラインを読めるんですかねぇ、ってのがある。あれか、一般的なTwitterユーザはフォロー数2桁なのか。なら平気ですか?

InstagramとかはまぁApple Watch向きという気がしますね。iPhoneで見たって見るのは1枚単位ですもんね。デジタルクラウン回して進んで、スクリーンをトトンとタップしていいね!を付けるんだろうと思う。UIが想像できてしまうところがいい。むしろ見たやつ全部にいいね!付けてくれて全然構わない。だいたいそうでしょう(笑)。

IngressはAndroid Wearは対応済みですが、Apple Watchは検討中とのことですね。ポータルの圏内に入ったら振動で教えてくれて、ハックかリンクかそれとも攻撃か選べる、そのくらいのインタフェースでいいような気がします。


ここらへん、まだ真面目に考えたことあまりないので、どんなアプリがApple Watchに向いてるんだろうってのがいまひとつピンと来ません。iPhoneが必須で必ず連携を取る必要があるってのがカギでもあり制約でもあると思います。実際使ってみないと浮かんでこないんだろうなぁ。なんでもかんでも思いついたこと喋ってメモさせるアプリがいいのかなって思ったけどそれ多分Evernoteのアプリで実現してるだろう。想像力が貧困だ……。

あと思ってるのがほんとはApple Watchはカメラが必要だよね、っていう。何年か後には付くだろうと予測はしてます。でも時計の面にカメラのレンズを埋め込むデザインって相当厳しいように思う。

時計評論家いわくApple Watchはやっぱり時計だった

先日Apple Watchは時計である - すべての夢のたび。っての書いて、本日時計評論家の広田雅将氏「Apple Watchは時計としてよくできている。」 : iPhoneちゃんねるっての読んだので、うんうんやっぱりね、と思いました。





(実際のツイートはこの順ではありません)


たとえ見た目が同様なものだとしても、Androidの「スマウォ」(スマートウォッチ)で、このような作り、このような売り方をしてるものがあるだろうかいやない反語!ってわけで、ここが「時計」と「手首に巻けるスマホ連携小型ガジェット(時刻表示機能付)」の差なんですよ。


ところで、

gigazine.net

ですが。はい。見事に、一番人気モデルを注文しました。まさに踊らされる大衆。新しいものに真っ先に飛びつき、流行りに敏感な自分をアピールしようとした結果、他人と同じ行動になってしまいました。やー早く届かないかなー。

地震が来なかった回数

2015年4月12日にM9.2の地震が来る、とかいう話がイルカ座礁ニュースとともにTwitter上を駆け巡り、そしてまた地震が来なかった回数を1増やしたのでした。

ぼくは結構この地震来る来るデマを腹立たしく思っています。人を無用な不安状態に陥れる、という意味で。測定はできないかも知れないけど、世の中にマイナスの影響をもたらしてることは確実だと思うんですよね。

デマをばらまくほうには、お前これで騙されるのいったい何度目なんだよ、と言いたい。前も来なかったよね。前の前も来なかったよね。当たり前だけど、来ない数のほうが多い。っていうか来たことあったっけ? でも一度でも、たとえば2、3日ずれて震度5のやつでも来たら、もうそれは「当たった」ほうにカウントされちゃうんだろうなぁ。ああやだやだ。

デマを耳にして、それを拡散する心理がよくわからない。自分だけ不安なのは嫌だから周囲を巻き込もうとしてるんじゃないかと推測してますが。「注意を促す」という言い訳をしながら。備えて、来なかったんなら、それは良かったじゃないですか、と逃げられる。生命保険の勧誘かよ。実際には高い保険料を払わされてるわけなので単純に良かっただけでは済まされない。だけど糾弾するにはいまひとつ理屈としては弱いのも事実なんだよなぁ。そりゃ来ないほうが良いに決まってるからねぇ。

いまのところデマを止めさせるうまい手は見つかってません。デマを拡散する人の自浄作用に期待するしかない。自分はばかだということにどうにかして気づいて欲しい。自制を促したい。何度も他人を巻き込んで、でも自分では何の責任も取らず、何も起きなかったことにはカケラの反省もせず、性懲りもなくまた騙されて次の噂をまき散らす。このばかさ加減に自覚を持っていただきたい。

そんで大抵デマ流してるの、「反」「左」系のアカウントなんだよね。これってなんか関係あるのかな。あるんだろうなぁ。