読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

なぜだか


久しぶりに詩人の血(←バンド名です)が聞きてぇ〜と思ってYouTubeに行くじゃん。検索するじゃん。出てきた動画、2日前にupされたやつ。すごい。この地上のどこかとどこかで、20年以上も前に解散したバンド詩人の血欲が局地的に高まり、こうして邂逅するハメになったわけですね……。最初PVかと思ったけど今の風景だしup主が作った動画ですねたぶん。

まぁ聞いてみてくださいよ。

これいま聞いてもぜんぜん古くない曲だよなぁって思う。詩人の血の魅力は、まずは最小限の言葉だけで作られた歌詞。いまの詰め詰めのJ-POPとは対極ですね。『なぜだか』の1番を書き出してみましょうか。

なぜだか笑えた
あの他人の仕草
知らない人ばかり
夜中の駅には


ひとだかり たくさんだね
煩わしい
少しだけ疲れて
君を待っている


こんだけ。たったこんだけ。スカスカじゃん、と思うじゃん? でもこれをボーカルは歌い切るんですよ。間延びとかしない。歌詞こんだけなのに、ぎっちりうたが詰まってる。表現力高すぎだろう。そうそうメロディラインも綺麗だよなぁ。


その昔、大昔には、このバンドも何曲かカラオケにあったような記憶もなくはないんですが、さすがにもうない。ときどき家でアカペラで「なーぜだーかーわーらえーたーあー」とかうたってます。