読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

バードマン観てきた

www.foxmovies-jp.com


映画観てきた記事書くたびに毎回ことわってるような気がしますが、ぼくはできるかぎり事前に情報を入れないで映画を観るのが好きです。今回も、観に行った動機は「ずっとワンカットで話が進んでいく」というところでした。あとストーリーは、アメコミヒーロー「バードマン」だった人の話だと。そんだけで観に行った。

で、この映画、あとで紹介記事を見たんですけど、また(ベイマックスみたいに)予告編詐欺らしくて、人気俳優だった父親が再起を賭けて、みたいな見せ方をしてるんですかね? いやぜんぜんそういう映画じゃないっていうか。だって冒頭から、ブリーフ一丁で座禅組んだ初老男性が宙にぷかぷか浮いてるんだもん。そういう映画じゃないって(笑)。

撮り方は面白かったですね。ワンカットで、空間は全部つながってるように見えるけど、時間はつながってるわけでもない。カメラがどこかにぐっと寄った時に、見えないところは全部入れ替わっちゃうような、そんなふう。でも繋ぎはうまかったなぁ。

ちょっと奇妙な肌触りの映画で、どういう感想を言ったらいいのかよくわからないのですが、なんとなく雰囲気はマグノリアに似ているような、そんな印象を受けました。俳優がみな、うまい。演技に見えないっていうか、普段からそういう(頭おかしい)人なんでしょうって感じ。主人公の娘役の人のイッちゃってるっぷりが良かったなぁ。ラストの表情も最高だった。