読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

4Kテレビ買った件


買おうとした最初の動機はよく思い出せないのですけれど、たしかPS4 Proが4K対応だったから、のような気がします。最初は4Kとかどうせソフトないからいらなくない?って思ってたんですけどね。で、店頭でいろいろ見比べて、シャープの45インチのやつを買おうとしてた(映像が綺麗だった)のですが、直前で、やっぱソニー製品と組み合わせるわけだからTVもソニーがいいのでは?と考えが変わった。で、4KでHDRがついてる一番安いこれにしたのです。

前まで使ってたのは40インチのFull HDでした。今回買ったモデルには43インチと49インチがあったんですけど、49はちょっとワンルームには大きすぎるかなと。後述しますが正解でした。

40インチFull HDも一応PCに繋げてはいたのです。でもなんていうか、ギラギラして眩しくてとても実用的ではなかった。なんだったんでしょうねあれは。今回の4Kは、いまMac miniにつなげてますけど、PCモニタとしてもふつうに使える水準に達していると思います。これまではiMacの27インチを使っていたのですが、43インチだと今までと文字の大きさがほぼ変わりません。dpiが近いんだと思います。49じゃなくてよかった。ほんとにただの巨大PCモニタとしても使ってます。デイトレとかやってる人がFull HDモニタ何枚も並べてるのが1枚で済みます、みたいな感じです。これだけでかいとデスクトップに隙間なくきれいにウィンドウを配置する必要もありません。余裕があるってすごくいいです。

HDMIのコネクタは4個ついてます。うちHDRが効くのは2個だけですけどね。Mac miniはHDR効かないコネクタに繋いでます。コネクタごとに画質の設定ができるのでよいです。PCを接続する場合はあんまり余計なことしない設定にしたほうがいいと思います。たしかにノーマルの設定だとYouTubeの動画がきれいに見えたりして良いのですが、ふつうにウィンドウをスクロールする場合とかでも画像補間機能が働いてしまい、あちこち滲んだりして気持ちわるいので。

意外だったのが音の良さです。TVにそんなもの期待してなくて、サウンドバーとか別で用意しようと思っていたのですが、いいほうに裏切られました。最近のソニーのテレビには、ウォークマンに使われている各種の高音質化技術がいろいろ入ってるんですね。同じ会社なんだから不思議はないのですが、昔のソニーのテレビはそういうのやってなかったんですよ。でもいまのはふつうに音楽鑑賞に使えるレベルです。数年前のモデルとは雲泥の差です。こりゃいいわと思って純正サブウーファーも買い足しました。

あとこれAndroid TVなんですよね。出始めのやつはバグだらけで大変だったらしいですけど、いまはもうなんの問題もなく動くみたいです。NETFLIXもAmazonプライムビデオもAbema TVもアプリで見られますし、その他にもいろいろアプリ動くし、ゲームもできるらしいです、いらんけど(笑)。

これ、今年一番いい買い物だったかもしれません。4KテレビをPCモニタに、って結構考えている人いるんじゃないかと思うんですけど、まさかこんなに簡単に(Mac miniとHDMIケーブル一本で)実現できるとは思ってなかった。もうiMacいらないなぁ、って感じです。Mac miniの新製品出てくれないかなぁ。