読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

トップバリュのウイスキー飲んだ

飲んで帰るかまっすぐ帰るか微妙な時間帯の話。イオンリカーに行ってみたら例のウイスキーがありました。

それで買って、買ったので寄らないで帰宅して、ストレートで飲んで、うーんまぁ飲めるかなーという感じ。

トップバリュのウイスキーは飲める。故人の間奏ですが、宝酒造の凛よりはずっと飲めるなぁと思いました。古人の完走ですが。ブレンドされた「リキュール」が変な味じゃないのかもしれません。その味を例えるならサントリートリスとかあの辺をさらに甘くした感じ。もちろん年端もいかないウイスキーの辛さはあります。でも凛みたいな、いったい何を混ぜたんですかこれは……って味・臭いはそれほどない。飲める。飲めることは重要であります。ストレートでもなんとか飲める。ロックならまぁ飲める。そんな感じです。でもあと100円あったらブラックニッカクリアを買ったほうがいいね。そんな感じの味です。

イオンリカーではもう一本買ってきました。ウェイトハウス3年、ってやつ。ふつう、ノンエイジド、つまり何も年数が書いてないやつも数年は寝かせてるらしい、と聞いてます。要は「3年」とかって、わざわざ名乗るまでもない、ちょっとは考えろよ、って年数だという。でもまぁいいか。イギリスではウェイトハウスは高級スーパー、日本でいうと紀伊国屋とか成城石井とか、そんな感じ、そんなポジションの感じのスーパーマーケットのプライベートブランドのウイスキーらしいです。まぁトップバリュのウイスキーよりは期待できそうな気がします。値段も高いし、ってもボトルで千円いかないくらいですが。