読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

格差拡大しましょう

告白しますがぼくは(生活)格差の拡大に肯定的なんです。「肯定的」はおおげさかも知れないですが。積極的に格差拡大のためになにかするわけではないですけど、格差を縮小するような政策はぜんぶ失敗すればいいなって思ってる、くらいですね。

なんでそうなのかってーとシンプルで、平等は退屈だろうと思ってるからです。みんなが平等にゼロの世の中より、マイナス5からプラス5の範囲に散らばってる世の中のほうがいい。そしてそれより、マイナス10よりプラス10の幅がある世のほうがいいなって思ってます。

たぶん天国は退屈な場所です。飢えることなく、苦しむことなく、ちょっとワルいことをしてみる自由もないまま、自分より完全に上位の存在(神)を感じながら永遠の時間を過ごすのだろうと思います。行きたいですか?

幅広いほうがよくないですか? ドバイのクソみたいな金持ちの石油王から、南米の半裸の未開民族まで(北朝鮮の収容所まで? ISISの自爆テロ要員まで?)、あったほうがよくないですか? 人類が経験する、その経験の幅は、広いほうがいいと思うんですけど。極端な話ですけどね。すべての人が平等なら、人間なんてひとりいればいいんです。

もちろんこんなことを言える背景には、ぼくが平均より上にいる(プラス側にいる)って自覚があるのは確かです。まぁでも、日本に住んでいるってだけで大半の人はプラス側ですけどね。自分が極端にマイナスな側にいたらあんまり言えないなー。だけど、あれ、「日本スゴイ」系番組って、よくネトウヨがどうのこうのみたいに揶揄されてますけど、昔からよくあった途上国に取材に行く「貧乏だけど幸せ」系番組も、根っこは似たようなもんだと思いませんか?