読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

妊娠菌の正体


「メルカリで"妊娠菌の付いた米"が売られている」という話を聞いて、いや〜メルカリなんでもアリだな!と感心しました。界隈の反応も「馬鹿じゃないの」って言う、一部の妊活女性の科学リテラシーの低さを嗤うようなものが多かったです。

でも検索してみたらなんかちょっと違う感じでしたね。

もともとは、ただのおまじないのようなものだったんじゃないかと思います。妊婦さんのお腹を触らせてもらうとかその類の。妊婦が使ってたものを身につけると妊娠しやすくなるとか。その手の、接触で伝染すると信じられてるおまじない・ジンクスのようなものを試してみた後、実際に妊娠するということがあった場合に、それを"妊娠菌に感染した"と仲間うちで表現していたっぽいです。けしてそんなものが存在すると本気で信じてるわけではなく、ただの言い回しだったのではないか。

そのおまじないのなかに「妊婦が握ったおにぎりを食べると妊娠する」というものがあったので、それがメルカライズ(メルカリに出品可能な状態に落とし込むこと:今考えた)された結果が「妊娠菌付き米」なんじゃないでしょうか。「菌で感染するわけねーだろ」「科学教育の敗北」と騒ぐのは、多分過剰反応だと思います。もちろん一部の妊活女性には本気で信じてる人もいるのかもしれないですけど、販売禁止にするのはいかがなものかって感じですね。「絶対妊娠します」とか書くのはダメだけど、健康食品的に表現に気を付けさせれば売ってもいいんじゃないですかね。妊娠菌がアウトならお守りもパワーストーンもアウトじゃないかと思います。


ただ、元記事の後半の、ビジネス化されたやつはダメかなーと思います。妊娠したこともない人がなんでもないタダの米(しかも1合のはずがその1/3)を偽って売り、さらに後から「妊娠しやすくなるサプリメント」のカタログを送りつけるとか。えぐい(笑)。メルカリのことを「猿にスマホを持たせることに成功した」って表現していた人がいましたが、やっぱりネットリテラシーの基本的な部分は義務教育中にきっちりやるべきだと思います。